鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと

日本には、不思議なものが、いくつも有る。 例えば、「気」がその一つである。元々、「気が知れない」といった風に「知れないこと」を承知で使う言葉だから、不思議でなかろう筈がない。 

 

いま一つ不思議なものの一つは、「間」である。 うっかりしていると、「間」は、持てない。 姿形がないからだ。 その「間」の間の良い奴、悪い奴がいる。 もちろん、間の抜けた奴もいる。 「間」が拔け易いのは、おそらく「間」が、物事の「あいだ」にあるからだろう。 では、「あいだ」の良い奴、悪い奴とは、そこに「間」があるからだ。 では、どんな奴なら、ある「間」が良かったり、悪かったりするのだろう。

 

「あいだ」の良い奴、悪い奴とは、物事の「トリモチ」の良い奴、悪い奴に違いない。 で「とりもち」とは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とり‐もち【取(り)持(ち)】

1.両者の間に立って仲を取り持つこと。 仲立ちをすること。 また、その人。

2.人をもてなすこと。 接待。       

出典:デジタル大辞泉小学館

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

十数年も、老人ホーム暮らしをしていると、いろんな奴(主として、ヘルパー、)に出くわす。 中には、間の悪いヤツ、良い奴もいる。 もちろん、間の持てない奴もいる。 私が経験した系列の老人ホームでは、毎朝、体温、血圧測定にヘルパーが、各部屋を回ってくる。 起き抜けの着替えの途中に、部屋を覗いて、ドアーを叩く間の悪い奴も、起きて、顔も洗って、歯も磨き、用意万端整った頃を見計らって部屋へ入ってくる間の良い奴もいる。

 

しかし、不思議なのは各部屋のドアーには、「覗き窓」は付いていない。 だが、ヘルパーたち(夜勤ヘルパー)は、入居者の安否を確かめるための、夜中各部屋を巡回することに成っている。 彼等が、部屋を覗くと、「カタン」とドアー開け閉めする音がするから、「来たな」と察知することはできる。 中には、眠れぬ夜をかこちつっ起きていて、ドアーが開くと、「ギョロッと」睨み返す不届きな入居者もいるから、双方で「睨めっこしましょ」の体となる。 そうした場合、ヘルパーの中には、「間」を持たせるために、「巡回です」と捨てゼリフを残して立ち去る気の良い奴もいる。

 

中には、出(来)直しを繰り返し、それでもなお具合の悪い時を見計らって(?)部屋へ入ってくるアホな奴もいる。 特に、アホなのは、男の入居者がパンツを履いている真っ最中に部屋を覗き、ドアーを開ける新米女性ヘルパーだ。 未だ、こちらはお化粧中だぜ。 そのヘルパーが若いと、目も当てられん(これは、相手のこと)。

 

人間関係とは、人と人の間の関係のことを言う。 男女の関係も、その一つだ。

若い男のヘルパーと老婆との関係も、例外ではない。 「間」が抜けていると、変なことになる。 老人といえども、風呂へ入る。 介護が必要な老婆が、厄介だ。 老人といえども老婆も女性である。 入浴中の三助役を女性ヘルパーが果たすとは限らない。 人手不足の今日今日、男性ヘルパーも少なくない。 間の抜けた若い男が、老婆の背中を流すのは、流される老婆にとっても、擽ったい(くすぐったい)。 男のヘルパーは、目のやりどころに困る。 老婆の方でも、あれこれ注文を付けるのに憚られる。 これじゃ、互いに「間が持ってっこない」。 

 

相手を人間だと思うから、こんな「男女問題」が起こる。 相手は、「枯れ木」と心に決めても、相手は、「きゃー」と叫ぶ。 相手は、どこが良いのか、気持ちよさそうに、「そこ、そこ」と、求める。 露骨な婆さんになると、お風呂の三助は、「ご指名」になる。 とんだ男女差別問題が、「間」が原因で起こってくる。 「あの若い男が良いわね、いいえ、こちらの方が増しよ!」。 話題が少ないと、何でも、話題になる。 

老婆の品定め

この狭い世界にも、「口コミ」はある。 私が住む老人ホームの入居者総数は、約80人強。 ボケ、認知症、健常者(自立者)、いろいろ取り混ぜての80人強だが、概して、健常者(自立者)の数は少ない。 他方、老婆の数は多い。 さた、いかに老人とはいえ、老婆とて「女」。 女が3人寄れば、姦しい。 

 

老婆の館になり易い老人ホームは、概して、喧しい。 中には、病的にうるさいのもいるが、と言って、大した話題がある訳ではない。 有るには、あっても、「他人(ひと)の噂か独り言」。 話題のテーマには、間欠的に交代(転勤)して行く施設長を始め、職員、その他入居者仲間が槍玉に挙げられる。 「あの人は、怖かった、キツかった、図々しかった、馬鹿だった」から、「あの人は、死んだが、なんの通知もなかった、あの人が若かった頃は、綺麗だったでしょうね」の人柄・人品の良さ悪さはもとより、仲間の祝い事、喧嘩、等々、つい最近の「いけず(いやがらせ)」、「下手(失敗)」、などの小事件、云々も、話題に事欠くことはない。

 

仮に話題に困ったにしても、作れば良い。 あること、ないこと、頭の先から、尻拭いの自慢話まで、「言わずに取っておこう、抑えておこう」の節制はない。

死んだように弱っていた仲間が、ある日、突然、見えなく成っても、施設恒例は、入居者の死亡の事実は、明らかにしない。 時の流れとともに、消え行くのみ。 その消え去るまでが、良い話題の元(基)になる。 憶測ばかりが流れ出て、花が咲く。 死に花を咲かせるとは、この事か! 

 

老人とても、風呂へ入る。 介護の必要な老人の入浴には、厳重な監視が必要である。 いつ、「パタン・キュウ」と逝かないとも限らない。 無残な溺死となると、施設の名誉に関わる。 おそらく、その為であろう「機械浴」と言う奇妙な入浴がある。 そのための特別室すら設えられているらしいから、健常な自立者には、想像もつかない。

 

老婆の入浴は、男のヘルパーのヘルプなし得ざるところである。 老婆といえども、やはり女。 足腰が動かなくとも、やはり女。 いやさ、足腰が動かなければ、なおさらのこと、男三助(三助は昔から男に決まっている)に、背中や身体のあちこちを「なでたり、擦ったり」されるのには、老婆なら「耐えられません」と苦情を述べたくなるのは、やむを得ない。 そこで、三助ご指名、女三助登場の運びとなる。 このことに、人手不足が拍車を掛ける。 男は、「物の役には立たん」。 ナース、介護人は、女に限る。 看護「師」、「介護「師」なんて、馬鹿なことを言い出したのは、おそらく「馬鹿役人」か「バカ学者」。 テメらだって、女房に男を嫁に貰おうとは思っては居まい。

 

老婆や男は、柔肌には恵まれていない。 これは、「天」のなせる業。 天は、「女の上に、男を作らず」とは言え、「女を男と同列に作った」わけでもない。

「適材適所」こそ、人の出来うる限界である。 「材」を作るは、天。 「所」を作るは、人為。 従って、人の為し得るところは、「所」の塩梅のみ。 老婆の「姦しくあれる」のは、「所」のみ。 「所」の良し悪しを論じるのは、勝手でしょ。 どうせ「格子無き牢獄」に囚われの身。 せめて、職員、ヘルパーの良し悪しを、心の安らぎの種にするぐらいは、許してね。

独り暮らし寡夫の食生活の知恵 (安くて、旨くて、栄養価のある食物)

下記は、独り暮らしの寡夫老人の食事なので、あまり手の混んでいない簡単、かつ栄養価の高い健康食品のみを挙げている。 料理好きなら、もっと手の込んだ料理を工夫しても良い。

 

また、刺身用(大根)つまは、刺身を売っている魚屋で、つま自体を別売りしている店がある。

さらに、「ゆでたまご」、「各種果汁ジュース」などは、一般に、別売りされているので、それらを買い、適宜、食事の補いにすることができる。

 

また、下記に挙げた「簡単料理」は、本来、食事のために考えたものであるが、ビールや酒の肴にも成る。 塩分を控えるには、醤油、塩、を避け、「だしの素」を代用すると良い。

 

なお、下記各アイテムの構成要素となっている食材は、換骨脱胎して組み合わせると、新しい食品(料理)が生まれるので、工夫すると良い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • オリーブ油(できれば、亜麻仁油少々)と白煎りゴマを「ちぎりキャベツ」(サラダ菜でも良い)とを和えたサラダ。 味付けには、だしの素。
  •  カット野菜に、オリーブの実少々、オリーブ油、あまに油、ラー油少々を掛けた野菜サラダ。
  • 適当量の長芋、もしくは大和芋を摺り下ろし、それに卵(一人一個)、亜麻仁油、ラー油を落としたサラダ(主食にもなる)。
  • スライス・チーズを乾海苔で巻く。 必要に応じて、トマト・ジュース、など、果実ジュースや牛乳、豆乳の適当量で補う。
  • りんご一個、ないし豆腐一丁。 必要に応じて、ゆで卵一個、果実ジュース。
  • 生野菜を刻んだサラダに、それにアボカドのスライス(冷凍・断片)、数片を混ぜ合わせ、少量の「亜麻仁油」、または「ごま油」、更に好みに合わせて、「酢」、「ラー油」を落として、サラダ完成。
  • 各種(こんぶ、鮭、鯛、カニ、エビ、他好み)などの雑炊。
  • とろろ昆布は、そのままでご飯に掛け、食べる。
  • バナナは、外気に曝されると黒くなって汚く見えるので、食欲が落ちる。
  • いなり寿司も、バナナ同様、汚く見え感じられるので、セロファン、ラップ等を掛けるなど、工夫しないと、汚く見えるので、食欲が落ちる。
  • オリーブ油(できれば、亜麻仁油少々)、カット野菜、刺身用大根のつま、紅生姜、だしの素。
  • カット野菜に、オリーブの実少々混ぜて、スライスド・アボカド(冷凍)、オリーブ油(できれば、あまに油、ラー油少々)、紅生姜を掛けたサラダ。
  • 刺身用大根のつま、刻みオクラ(冷凍)、粉チーズ、粉末鶏スープ、紅生姜を混ぜたサラダ。
  • スライス・チーズに焼き海苔を巻いたもの数枚、適当なスープを、必要に応じて、トマト・ジュース、など、果実ジュースや牛乳、豆乳で補う。
  • 刺身用大根のつま、しそ、ベーコン、紅生姜、オリーブ油。
  • 刺身用大根のつま、にら、ハム、紅生姜、オリーブ油。
  • 刺身用大根のツマ、大葉、カニカマ、紅生姜、ツナ缶、オリーブ油

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上に挙げた簡単料理には、蛋白質が比較的少なく見えるが、理由は、肉、魚の調理が、独り暮らしの老寡夫にとっては面倒だからで、必要なら、外食、ないし、出来上がった物を買えば良い。

 

 

ピーピング・トム

ピーピング・トムとは、今は、死語となっているが「出歯亀(デバガメ)」の英語版である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

注:出歯亀でばがめ、もしくはでばかめ)とは、明治時代に発生した殺人事件の犯人として捕らえられた男性のあだ名、もしくはこのあだ名から転じて窃視(のぞき行為)やこれを趣味とするもの、窃視症のように病的な状態にあるものを指す。 英語では「ピーピング・トム(Peeping Tom)」という言葉が概ねこれにあたる。

単に好色な男性を指してもこのように呼ぶが、事件当時は流行語となって様々な意味を含んだ関連語も生まれた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

やや、アナクロニズムの感があるが、老人ホーム勤務(ヘルパーの職務)は、出歯亀業務を強制する。 入居者の殆んどが、どこかに身体的(精神的を含めて)欠陥を持つ人達であるから、否応なしに、24時間の監視を必要としている。

 

同じ老人ホームでも、「有料介護付き」となると、金銭を貰っての「介護」であるから、「監視」は、業務上の必然である。 介護付き有料老人ホームは、恐らく営業上の都合、または、監督官庁の要請もあって、「自立」者、も「要支援」者も、「要介護」の者も、更には、「認知症」の者も相談の上、一緒くたに入居させるから、出歯亀もこうした色とりどりの人たちを一視同仁に(差別なく)監視する。

 

一般に、老人ホームでは、女性入居者(つまり、老婆)が多い。 中には、昔鳴らした綺麗どころの成れの果てもいる。 しかも、人間は、混浴は避けるとは言え、男女ともに、定間隔、もしくは、不定期に風呂に入る。 更にしかも、人で不足の故もあって、男性のヘルパーもいる。 別に昔鳴らしていなくとも、おなご(きたないどころを含めて)に男性「三助(さんすけ)」は、面白くない。

 

風呂どころか、24時間介護であるから就寝中も、ヘルパーたちが「密かに」各部屋を数時間ごとに、盗み見して歩く。 おまけに、ラウンジ(食堂)や風呂場には、「監視カメラ」が常置されている。 時宜を得ない新米ヘルパーは、夜中に、「カタン」とドアー開閉の音を残して、去っていく。 それでなくとも、睡眠不足に悩みがちな入居者が、暗闇の中で、「ギョロッ」とドアーを見詰めると、マンの悪い奴が目と目をかち合せ、「夜回りです」と、声まで残して去っていく。

 

私が住む老人ホームでは、「個人の秘密は大切にします」と謳っている。 この老人ホームで大切にしているのは、恐らく「建前」だけだろう。 ここでは、入居者の私事は、開け広げ(あけっぴろげ)である。 風呂場では、老婆の秘所もあったもんじゃない。 第一、各部屋には、「鍵」がない。 形ばかりの鍵はあるが、合鍵がヘルパーたちの手にあるから、「無い」も同然。 「盗まれたあ!」と叫ぶ、半ボケ老人が多いのにも、状況が整っている。

 

ピーピング・トム(出歯亀)は、人の好奇心、エロ精神、好き者や世の流れの産物というよりも、老人ホームでの生産物である。

自己顕示過多症

私が住む老人ホームには、間断なく、甲高い、大声で、その場の独占し、喋り続ける「お喋り婆」が居ます。 この婆を何とかしたいのですが、良い方法はありますか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その婆さんは、「自己顕示欲過多症」という病気を病んでいます。 周囲の人に、お喋りが止まらない、いつも何かを喋っている婆は、周囲の人から「注目して貰いたいと願望が強い性格」なのです、つまり「自己顕示欲の強い婆」なのです。


自分が常に注目を浴びたいため、他の人が知らないような話とか、近所の話、週刊誌ネタ、TVのネタ、外出できないに環境の置かれていると、何でも話題として自分で作り、とにかく喋りたいようですね。 知りもしないことでも、知ったか振りで喋るでしょう。 とにかく、うるさく喋るでしょう。


お喋り自体は、他愛もない話しが中心でしょうから、特段の問題はないでしょうが、要は本人が話の輪の中心に居ないと気が済まないところにあるので、常に自分が話題を作り、あちこちから話題を仕入れ、自分で作成し、外出できない隔離された環境に置かれていると、無理やりに話題を見つけ、話の中心になろうとして周囲の人に、喋らせないようにする極めて我儘な面を持っていて、周囲の人から嫌われているようですね。


その婆が喋っている時に、話しの腰を折ると、不機嫌になるでしょうから、立派な病気です。 このような婆を黙らせるには、その婆の喋くりを無視するのが一番です。下手に取り合うと、際限無く喋ります。 さらに効果的な喋くり防止法は、その婆を、誰も聞き手の居ない部屋へ閉じ込めることですが、そうなると、そのお喋り婆が、本当に病気になってしまうおそれがあります。 

 

喋り続けないと、自分が中心に居られないという恐怖感に苛まれる(さいなまれる)からです。 そのまま放っておくのも、一つの方法ですが、時折、他の人の迷惑にならないところへ出してやり、騒ぎ出したら、また閉じ込めるのです。 この方法をその婆が死ぬまで(誰でも、いつかは死にます)または、その婆が心の底から懲りるまで、繰り返すのが、根本的治療法になります。 さもないと、被害者の方が死ぬまで、この婆のお喋りが続きますよ。 

ヤフー知恵袋より元ネタを拝借して修正)

 

現(うつつ)を抜かす。

うつつを抜かす

「夢か現かまぼろしか」から来たもので、「現(うつつ)」=現実、を離れること。・・・・・・・・(鉄道大臣)

 

この表現が、以下のような場合を描写するのに使えるのかどうか解らないが、見た感じ(聞く感じ)では、正にそう表現したく成る有様。

 

この老婆、ここ数ケ月、車椅子に乗せられて、ラウンジの中央に、日柄「朝︙7時頃から、夕︙7時ころまで」、置かれれたままになっている。 {あぁ!}と。5分間隔ぐらいで絶えず叫ぶかと思えば、ときに、(自分の)の娘へ電話をかけてくれと、誰というわけでもなく、ヘルパーヘ向かって叫ぶ。

 

時折、手洗いへ行くなり、横になりたいから、車椅子を押してくれとも要求する。 腰が痛いから、自室へ戻って、休みたいとも、要求する。 あまり要求の間断が激しいので、ヘルパーが「頭へきたて」、要求を、受け付けないこともある。 そうすると、「何か口実を」発明して(?)、車椅子を押してやらざるを得ないように仕向ける。

 

完全にボケている、とも思えないのは、時折、健常人との会話に応じることである。 「斑に(まだらに)」ボケている、とも言うベき状態である。 間断の無い「あぁ!」を聞かされる周囲の人たちは、この「人生に飽きたような」唸り声には、辟易する。

電光石火

紀元前2750年頃、既に、古代の中央アジアの人たちは、電気「現象」を知っていました。 古代ギリシャ人、古代ローマ人、古代イスラム人たちは、電気と言うものを知っていたのです。 中世のイスラム人は、「電気なまず」や「シビレエイ」のことを知っており、これらの動物が痛風や頭痛の治療に役立つことも知っていました。

 

また、琥珀の棒に猫の皮に擦り付けると、磁鉄(鉱)のように軽いものなら、例えば「髪の毛」を引きよせる性質を持つことも知っていました。 さらに近世に近くなると、電気の研究は、更に進んできます。 イタリア人カルダーノは、電気と磁力とは異なると考えました。

 

イリアム・ギルバートは、ギリシャ語の「エレクトロン」に基づいて英語の「エレクトリシテイ(Electricity)」作り出し、今日では、この言葉が広く使われています。 1847年に至って、ライデン大学のミッセングルーグが、放流された静電気と電流が同じものであることを発見しました。

 

注1:ベンジャミン フランクリン(1706年生)

電気を表す英単語 electricity はギリシア語の ηλεκτρον ([elektron], 琥珀)に由来する。 古代ギリシア人琥珀をこする事により静電気が発生する事を発見した故事によるもので、そこから古典ラテン語で electrum、新ラテン語で ēlectricus琥珀のような)という言葉が生まれ、そこから electricity が派生した。

漢語の「電気」の「(いかづち)」はの別名であり、いわば「電気」というのは「雷の素=電の気」という意味になる。 ベンジャミン・フランクリンが「雷の正体が電気である事を発見した」としばしば紹介されるが、この文章は字義的な矛盾を含んでいる。 もちろん「電気」という漢語がフランクリンの時代以後に作られたからである。

 

注2:平賀源内(1728年生)

彼の発明家としての業績は、オランダ製の静電気発生装置エレキテルの紹介、火浣布の開発がある。 壊れ、捨てられていたエレキテル装置の修復に当って、源内自身は、その原理をよく知らなかったにもかかわらず、修復に成功したという。

Web辞書

 

現代(私の生涯:昭和初期以降) 

 ― 算盤(五つ玉、四つ玉)+筆算

 ― 手書き文章(口語文)

 ― 読書、新聞、雑誌(現代文)

   ―(印刷法:平板印刷、オフセット印刷)

電気工学

 ― ラジオ

 ― 電話、電信

 ― タイプライター

― 電気計算

― テレビジョン

     ― ワープロ

     ― 携帯電話

     ― コンピューター(PC)

          ― I phone、スマホ

     ― IH

     ― AI

 

         Where are you?   No where.