鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと

標準語

江戸城無血開城の談判(会談)は、何弁で?

江戸総攻撃のわずか2日前、勝海舟と薩摩の西郷隆盛が、江戸城無血開城の談判を行ったと言われています。 勝は生粋の江戸っ子、西郷は根っからの薩摩ッペ。 では、何弁で談判した? お互いの言葉はチンプンカンプンだった筈。

 

事前に、山岡鉄舟(鉄太郎)が、薩摩藩士益満休之助に随行されて駿府(現静岡)まで赴き、下相談をしておいたと聞く。 さりとは言え、急場の江戸弁と鹿児島弁の交渉は、成り立たない筈。

 

総大将の西郷隆盛は、倒幕強硬派として指揮を取っていましたが、勝との会談で江戸進撃を中止しました。 江戸総攻撃予定日のわずか2日前でした。 倒幕へ血気盛んな新政府軍が、旧徳川幕府の本拠である江戸城を包囲しながら、攻撃を取りやめたのです。  勝海舟江戸城無血開城に向けておこなった交渉とはどんなものだったのでしょう。 べらんめぇの江戸弁で? それとも、

せごどんが使う鹿児島弁で?

 

幕府の陸軍総裁である勝海舟は、人口150万人の江戸を戦火から守るため、無抵抗で新政府軍に明け渡すという仰天プランを打ち出します。 このまま新政府軍と戦えば、江戸は火の海になり多くの民が犠牲になる。 それは財政悪化と国力低下につながり、そこをつけ込まれて日本は西洋列強の植民地になってしまうと考え、必ず阻止すると決断します。

 

勝海舟は、幕府内で早期停戦と無血開城を主張して一人動き出します。 幕臣でありながら、独自の国家感で日本の将来設計を最重要視していました。 さすが、信念と行動の男。その決断が揺らぐことはなく、江戸城開城交渉へと突き進みます。

 

西郷隆盛勝海舟の会談]

慶応4(1868)年3月14日。 江戸の薩摩藩邸。

勝海舟から江戸城開城についての要望と考えを聞いた西郷隆盛は、「総督府に持ち帰って協議しますが、明日の進撃は取り止めます。 と独断で答えました。

最終的に、新政府軍が江戸を攻撃することはありませんでした。

 

江戸は戦火を免れ、西洋列強につけいる隙を与えませんでした。 国家の将来を考えた2人が下した歴史的英断です。 命がけで無血開城を実現した勝海舟こそ真の「公人」の姿であり、それに応えた西郷隆盛の器と視野の大きさにも敬意を表します。

 

しかしながら、高揚した新政府軍兵士には鉾先が必要でした。江戸進撃は、諸藩連合である新政府軍の結束強化も目的としたため、振り上げた拳(こぶし)をどこかに降ろさなければなりませんでした。  戦って勝利しないと収まりがつかないってことです。 倒幕を終えた新政府軍は、佐幕派の討伐に東北の会津若松、庄内、南部、北海道松前へと突き進みます。


標準語誕生への動き

「標準語」作りが国家事業として推進されるようになるのは明治時代もなかば過ぎからである。帝国大学言語学科の初代日本人教授となった上田万年が、『国語のため』ではじめて日本語において「標準語」の必要を説いたのが明治28年、これを受けて文部省に国語調査委員会が設置されたのが明治35年。明治ももう残り10年という時期であった。同委員会は全般的に近代日本語の基盤作りを行うことが任務であったが、その調査指針のひとつに「方言ヲ調査シテ標準語ヲ選定スルコト」という柱が立てられており、明治39年には全国調査を踏まえて『口語法調査報告書・同分布図』が刊行され、はじめて方言実態が科学的に明らかにされた。これを踏まえてトップダウンに「標準語を選定する」という国家事業が推進された結果、標準語の具体的規範が明瞭となり、その成果は逐次学校教育に反映されることになる。(ウイキペデイア)

 

この標準語選定が行われたのは、江戸城無血開城の40年程も後のことでした。

これでは、勝と西郷の会談が「標準語」を使って為された筈がありません。 では、江戸弁と鹿児島弁でしょうか?  それも、不可能に近いでしょう。 おそらく、足らぬところを文筆で補って 為されたに違いありません。 幸い、当時の日本国民の識字率は、世界一でした。 特に、侍の間では、文筆が普段に使われていましたから、方言を使わずとも、勝と西郷の会談も、文筆の助けを借りて、十分に果たされていた事と思います。

 

幕末に至るまで、日本国は方言の世界でした。 どこへ往こうとも、その地の方言で、物事が運ばれ、足りたのです。 「標準語」は、明治時代も終わり近く、学者連が考え出したものです。 方言こそ、本当の日本語なのです。 東京の中流階級(?)の言葉に範を取って、「仮に(?)」標準語としたのです。 

道理で方言でなければ、「気」が乗らない事が多いのです。 「駄目」というよりも「あかん」とか、「あかへん」と言う方が、関西人らしいのです。 

旧式美容整形

芸者さんの美しい顔を見てご覧。 どの人の口の唇の大きさは同じだと思いませんか? あの口(唇)は、ほんまもんや、あらへん。 書いたもんや。 どの唇もおちょぼ口に、小さく書いたある(かいてある)。 韓国の整形美人と違うとこは、顔あろうたら(洗ったら)、おちょぼ口が元の「大口」にすぐ戻ることや。

 

後からの整形でも、ええもん(良いもの)は、ええ(良い)。 綺麗なもんは、ミバ(見映え)がよかったら、それでええ(良い)のや。 新式の美容整形でも、おんなじやなか(同じじゃないか)。 

 

なんで、高いお金はろうて(払って),新式にせんならんのや(しなければならないのか)。 気が知れんな。 それが女心というのなら、女心は、昔も今もおんなじ(同じ)や。 昔の女も、綺麗になりたかったのや。 男心をそそりたかったのや・

 

旧式賛成! 新式反対。 地がええのや(そのまま=「素」が良いのだ)。 必要なら、後で作ればいい。 つまり、旧式で十分。

 

♬ 風の中の羽のように~♬ 女心の歌 リゴレット (藤原義江ヴェルディ)。

男女差別

京都の下町で生まれ育って20年。 遥々関東夷の地へ、青雲の志を抱いて「下洛(上洛ではない)」してきて早60有余年。 未だ故郷を忘れることはない。 その故郷の地へ久しく帰らざりしが、思うこと頻り。 

 

京の地(都)にも、五つの花街があって、華やかさを誇る。 近頃は、土地の豪商ばかりでなく異邦人すらも、集り寄っていると聞く。 その花街、祇園甲部祇園東、宮川町、先斗町、北七軒、などに芸者・舞妓が、華やいでいる。 彼らは、今や、国際的にも知られ、その踊り、もろもろの優美さ、華やかさが持て囃されている。

 

芸者・舞妓の「仇な」仕草、「品」の良さ、「可愛らしさ」が持て囃されているのだが、その他にも、他よりも彼らを引き立たせている点がある。 踊りを踊らせても、共演する歌い手、三味線、太鼓、金鼓、手にかざす舞扇、小首を傾げる仕草、手振り、身振り、舞台裏(背景)に響く大太鼓、舞台背景に飾られている(描かれる)枝垂れ桜、これらの全てが相乗的に効果を挙げるのである。

 

それを良しとする異邦人も少なくない。 ところで、こうした美しさを良しとするのは、男の傲慢さか? 出演する人は全て女性である。 これは男女差別の現れと言えるか? 

 

新聞、テレビを賑わす事件にしばしば「女性への危害」が騒がれる。 見る人、聞く人は、必然的に、いや蓋然的に「若い女性」を連想する。 読み進む内に70歳80歳を超えた老婆だと分かる。 {なあーんだ!}。  60過ぎた芸者が、踊ってはいけないか? この自然の(?)反応は、男女差別か?

 

以下は、87歳を超えた老爺の繰り言として聞き流していただきたい。

改造新安倍晋三内閣の総務大臣野田聖子法務大臣上川陽子の両名が、「しな」を作った姿が想像できるか? 「仇な姿」が目に浮かぶか? 小生なら「気持ち悪い」の一語に尽きる。 小生は、男女差別主義者か? 反省し切り。 

気になる日本語の乱れ

最近、耳障りな言葉に、政治家がよく使う「安定感」を持つ、「透明性」を持つ、

「緊張感」を持つ、持つ、持つ、・・・そんなものを「持つ」んじゃないよ!

 

同じ持つなら、「肩を持つ」、とか、「気を持たせる」とか、別に持つたり、持

たせたりするものがあるだろ。 持てないものを、持つのは、頭の悪い証拠だよ。 

 

XX党の幹事長が、緊張感を持って、党勢回復を計りたい、とかなんとか言っ

てたね。 そりゃ、親分の口癖が伝染ったんだよ。 親分が、XX県(長州)訛

りの変な日本語を使うから、それが伝染ったんだね.。

 

日本語の文法に「有生性」という言葉がある。 「活動性」とも言う。 「持つ」と言う表現は、有生性に関わっている。 有生でないものは、日本語では

昔から「持たない」と決まっている。 安定も、透明も、緊張も、いずれもそれ自体では有生でない(活動しない)から、持てないのである。

 

上手な、トランプ紛いの乱暴英語を交えてお話になる東京都知事も、よく有生でないものをお持ちになる。 匕ヨットしたら、これはなまりの強いXX閥に属する連中の傾向なのかもしれない。 

 

大阪人(関西人)の奮起を促したい。

老人ホーム(続9)

私が、この施設(ライフコミューン)へ入居せしめられたときは意識を失っていた。 従って、正確に、いかほどの「入居金(前渡金)」を支払ったかは知らない。 当初に払う入居金の額には、オプションが在って、数千万円に及ぶ高額の入居金から、老人ホームの施設によっては、無しまで幅があるらしい。 私の場合は、¥315万円払ったと聞いている。 ともあれ、入居金の額が低ければ、それに相応して、その後の毎月の払いが多くなる仕組みらしい。 トータルで、トントンに収まるように仕組まれていている。

 

この施設に務める何人かの職員に聞いてみた。 みなさんも、年を取ったら、このような老人ホームに入居するつもりか? 答えは、異口同音であった..

「こんな高い老人ホームには、入れませんよ」、  自分の子供達にも、聞いて見た  「お前たちも、私のように老人ホームへ入るのか?」 子供たちも異口同音に答えました。 「親父は、自分が稼いだ金で入っているんだよ。 良い月給を貰っていたんだね」。

 

世間には、老人が多い。 しかし、増え続ける高齢者の数に見合うほどの数の老人ホームは見当たらない。 老人ホーム経営は、儲かる事業らしい、 多くの企業が、事業体のカテゴリーを問わず、我も我もと参入してくる気配がある。

建築業、食品業、運送業、カテゴリーは、問わない。 そのうちに、アマゾン有料老人ホーム、グーグル有料老人ホームが生まれてくるかも知れない。

 

こうした気配を生み出している基は、「金」、つまり「儲け」らしい。 では、金がなくて、有料老人ホームから締め出されアブれる文字通りの「ホームレス」老人は、どうなるのか? そこは為政の問題である。 隠す、騙す、の政治ではなくて、最近はやりの言葉使いで言えば、「透明性」のある政治・行政が望まれるのである。

 

「老人ホーム入居金を下げる」と言った小手先の対応では、増え続ける高齢者の数には、対応しきれない。 ホームレスには、いずれにしても、金がないのである。 「無い袖は、振れない」。 必要なのは金ではない、知恵である。 

格子無き牢獄

昔、「格子無き牢獄」という題名のフランス映画があった。 女優:コリンヌ・リシユール主演の映画であった。 私が棲む老人ホームは「拘束の無い」有料介護付き老人ホームを謳っている。 車椅子に乗って生活する身体障害者はともかく、身体が健康体なら、外出は自由な筈である(最近は、車椅子に乗って街角を移動する身体障害者すら良く見かけるあ)。 「身体障害者ならいざしらず、「格子無き」は、個人の自由を唱える現代日本ではありえない。 

 

私の棲む老人ホームでは、一ヶ月に一回、「特別外出イベント」が催される。 特別な、概して高額の別料金を払わなければ成らないから、参加は「希望者」に限られる。 毎日、毎日、施設の中に閉じ込められている入居者、特に身体障害者にとっては、「外出」は特別なイベントの筈である。 別料金を家族に払って貰ってでも、イベント参加したいと、多くの人が希望する。 皮肉に言えば、施設側にとっては、加算料金徴収の良い機会である。 この機会を逃す法はない あの手この手、手を変え品を変えて、入居者慰労を名目に、目先の変わった特別イベントを考え出す。 何の事はない、名目だけの「有料希望者慰労」である。 高額の金を払えば、慰労して貰えるだけではないか!

 

そもそも、介護とは、拘束であり、保護、見守る、など、家族には手に負えない厄介な親や年老いた親族を「監視」することではなかろうか? 家族の厄介者を「拘束付き」で、「人質」に入れ、預かって貰う現代の姥捨山が、いわゆる近代的老人ホームに他ならない。 

 

老人ホーム入居には、「身元引受人」を立てねばならないが、何のために、身元を「引き受ける?」 窃盗、毀傷、乱暴、自殺、等、警察沙汰を予め予防して置くため?  死後の死体引き取りのため? 施設に与える損害賠償のため? 厄介者牢獄釈放後の逃亡防止のため? その他に、身元を引き受ける根拠として、何がある?

 

入居者の間では、彼らの若かりし頃、鑑賞し、感激した映画、「格子無き牢獄」が、自虐的に囁かれている。 コリンヌ・リシュールの美しい姿が、今もなお、記憶されているのである。 

老婆心

よく言ったものです。 老婆心、つまり「お節介焼き」。 介護付き老人ホームは、基本的傾向から言って、老婆の館です。 総じて、女の方が長生きするのですから、仕様がありません。 言い換えれば、介護付き老人ホームは、お節介の館です。 かてて加えて、介護付き「有料」老人ホームとして、事業化を推進していますから、高額の金を払って「介護」と言うお節介、つまり拘束、を買っているのです。 更に、古手のベテラン・ヘルパーやナースが居るとなると、事態は絶望的です。

 

「拘束の無い」を謳う老人ホーム入居者募集の宣伝が多く見かけられますが、お節介の館では、「拘束のない」は、不可能です。 拘束だらけです。 この館では、強いて金で贖う(あがなう)必要もなく、介護(と言う名の拘束)付きなのです。 ♬ 今日も、コロッケ。 明日も、コロッケ ♬  こちら向いても、老婆・・・あちら向いても、老婆。・・老婆、老婆、・・・お節介、お節介、・・・拘束・・・拘束・・・なのです。 老婆は、お節介を焼くことに、「生甲斐」めいたものを感じているように思えます。 止むに止まれぬ気持ちから、老婆は他人にお節介を焼くのでしょう。 世話を焼かれる側は、時にそのような世話を迷惑と感じることがあります。 拘束されていると感じるのです。 だから、「余計なお世話だ」と感じるのです。

 

独り立ちを望む人にとっては、介護は拘束です。 老々介護では、介護する方も、介護される方も 両方が拘束(介護)し合っています。 一方が、他方に頼るのが「介護」と呼ばれますが、老々介護では、双方が介護しあって(一方が相手を助けることに生甲斐を感じ、他方が相手に頼ることで命を感じ)、共に立って(ともだちして)います。 この関係は、共倒れする関係でもあります。 老々介護は、正にそのような共倒れの関係を生み出します。

 

このような、介護付き老人ホームと言う名の古いシステムではなくて、共倒れ、共立ちの関係を打破する新しい高齢者処遇のしシステム、制度の確率が望まれます。 この新しいシステムと制度の構築は、行政の問題であると思います。 政治家、行政官が責任を感じ、対応すべき問題(いずれ彼らも、高齢者化するのですから)だと感じます。