鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと