鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと

部下(後輩=子供)の育て方

主体性の確立した部下(人間=子供)を育てる方法(相手が読み書き可能で、分別があることを前提に)として、次のようなやり方があります。 取るべき行動(仕事=課題)のジャンル(分野)を示す。 行動を取ること(仕事=課題を進めること)を委嘱(委託)…

外出(外遊)の功徳

外出(外遊)という行為は、人間成長に必要な要素の多くを総合的に含んでいる。 外出を礼賛しよう。 生まれて間もない赤ん坊なら、自分の周囲、つまり家族という未知の世界を探索して周り、新しい経験を得る事ができる。 今少し大きくなれば、隣近所を探索し…

認知症患者との交流

今朝のテレビ番組で、東京のあるレストランにおいての、認知症患者を中心にしたレストラン運営の試みを映していた。 認知症患者のウエイター(?)の配膳が、無茶苦茶になっても、配膳中に彼等がお客さんのテーブルへ座り込んでも、「まあ、いいか」とこれを…

職務責任

最近見たあるアメリカ映画から、このブログを始めたい。 この映画は最近のものであるし、テレビでも放映されており、ご存知の方も多い筈なので、要点を繰り返すだけに留める。 筋書きの要点はこうである。 某国の女好きの大統領が、ある日の夜、遊び相手の女…

聞け万国の労働者、聞け!健老の高齢者(替え歌)

聞け万国の労働者 【作詞】大場 勇 【作曲】栗林 宇一 聞け万国の労働者 とどろきわたるメーデーの 示威者に起る足どりと 未来をつぐる鬨の声 汝の部署を放棄せよ 汝の価値に目醒むべし 全一日の休業は 社会の虚偽をうつものぞ 永き搾取に悩みたる 無産の民…

聞け!健老の高齢者

ある行政機関へのある提言 新しい高齢者処遇の制度として、旧態依然とした高額の経済的負担を強いる「老人ホーム」に代わる比較的経済的負担の低い「高齢者自助アソシエイツ(仮称)」の創設を提唱したい。 この制度は、知的に衰えない(時に優れた)高齢者…

魚の骨

先日、テレビて、子供に魚の骨をどのように取らせ、どのように魚を食べさせるかについて、放送していた。 大抵の母親は、自分の手で、魚の身をほぐし、身をむしり取って、子供の、特に、小さい子供の口に入れてやる、という方法をとっていた。 しかし、中に…

みそもくそもいっしょ (味噌も糞も一緒)

噌も糞(くそ)も一緒 善悪・優劣などの区別をせず,何もかもごたまぜに同一視する。 » 味噌 三省堂大辞林 味噌も糞も一緒 読み方:みそもくそもいっしょ 別表記:味噌もクソも一緒 良いものも、悪いものも全て同じ扱いをすること、一緒くたにすること、ある…

老人の第三の人生の仕事

日本人の高齢化の現状(内閣府データに依る) 単位:万人(人口)、%(構成比):平成27年10月1日 平成27(2015)年は、65~74歳人口の対前年増加数が減少に転じた。 昭和22(1947)~24(1949)年に生まれたいわゆる「団塊の世代」が65歳に達したこ とによ…

素人の苦情

歯が抜けた。 いやぁ、私なんかは、全部無いよ。 でも、美味しいものは食べたいね。 あと死ぬまでに、何食残ってる? 鬼が笑うよ。 鬼さんが、なんと言おうとも、美味しいものが食べたいよ。 ある施設で、日頃か、何年もの間、入居者の間で、美味しい焼き魚…

多文化主義

カナダでは1971年に、当時の首相Pierre Elliot Trudeau(ピエール・トルドー)が二言語(英・仏)の枠内での多文化主義宣言というのを行いました― 言語主義の枠内における多文化主義政策がカナダ人の文化的自由を保証する最も適切な方法であることに関し…

いちびる

関西には、「いちびる」と言う言葉「表現」がおます。 「調子に乗る」と裏腹やねぇ。 関西には、相手が調子に乗らはるのを狙って、此方も(わざと)いちびって見せる、とう言う高等(あざとい)戦術もおます。 この辺になると、よそ(他所)さんの分からんと…

気的老害者

表面が泡立たないと、世間は騒がない。 目立たないからである。 知的障害者の問題が、各地でさわがれるようになったのは、死亡、身体毀傷、等、病院・警察沙汰が起ってきたからである。 知的障害者は、昔なら、健常人から隔離され、いわゆる(キチガイ病院)…

ケチンボ(しぶちん) ―大阪人―

江戸っ子(東京人)の間の関西人(大阪人)の評判は悪い。 最大の理由は、彼らが概してケチ(ケチンボ、しぶちん)だという点にある。 ケチとは、金銭にしわいことであるが、そのような人物を守銭奴とも言う。 では、守銭奴についての諸例と解説を見てみよう…

おちょくる(調子=拍子:2)

pappillon_lucky_wさん(パソコン=知恵袋)より 『おちょくる』という言葉」、今まで使うことはあまり無くても『からかう』という意味であることは分かっていました。 それで何気なく辞書で『おちょくる』というのを調べたら、『(主に関西で)からかう。馬…

調 子(拍子)

調子に乗る、調子づく、調子をこく、調子が良くなる、調子が付く、調子が出てくる、調子が出る、調子を合わせる、調子を取る、お調子者、調子外れ, etc. 調子(拍子)は恐ろしい。ウッカリ乗せられると、飛んでもないこともしでかす。 調子(拍子)は、「勢…

異常人のホーム ―認知症患者、ボケ老人の「館(やかた)」―

私の子供の頃は、「キチガイ病院」ということを言った(いまも。この言葉は、残滓として残って居るかも知れないが)。 現代社会では、「狂(きちがい)」は差別用語として、使用を控えられて居るかも知れない。 そうした表面上の綺麗事は別として、実態は、…

交通渋滞 (老人ホーム別談)

おそらく、経営側の金儲主義が遠因だろうが、有料介護付き老人ホーム内でも、思わぬ交通渋滞が起こっている。 足腰が不自由な人にとって、車椅子は、重要な生活用具だろうから、有料介護付きを謳うと、(金を払ってくれる人なら,誰でも招き入れるので)必然…

無菌社会 (老人ホーム別談)

老人ホームという特殊な社会: この社会の人口の主体は。高齢者である。 しかも、単に高齢と言うばかりでなく、老婆(女性が長生きすると言う生理現象を反映して)、それもボケ老人(老婆)、認知症患者を主体としている。 彼らは、自分独自の考えを持つこと…

知的障害者

知的障害者は、物言わない、いや、者言えない。 最近になって、漸く、知的障害者の受ける(そして、与える)諸問題が、マスコミなどでも取り上げられるようになって来た。 しかし、知的障害者の問題は以前からも、存在していた筈である。 この問題が、世に知…

埒外に置かれた老人ホーム

世間の目は、専ら、幼少者、働く壮年の人達、高齢者に向けられている。 彼らに対する時代の関心は、盛りに、盛り上がっている。 では、老人ホームへ入れられている老人たちへの関心は? 彼らに対する「処置」は、一応済んでいる。 それぞれの施設で、それな…

アウトロウ(無法者)  ―監督不十分―

アウトロウ(無法者)という題名のアメリカ映画が、何本かある。 悪党は、大小を問わず、どの社会にも存在する。 老人ホームも社会である、それも極めて特殊な社会である。 住人は、職員を除いて、全員が老人であり、しかも老婆(女性の方が長命である)が中…

ブログ・シナプシス

以下は、鉄道大臣の提案であり、主張である。 神経細胞は。。。神経突起を伸ばし、これらの突起が出会うとシナプスと呼ばれる接合体が ... 形成される。 .. ブログもまた、上記にのべた神経組織のような働きを示す。 各ブログを結合させて、シナプス(ブログ…

面壁九年

面壁九年とは、一つのことに忍耐強く専念すること。また、長い間わき目もふらずに打ち込んで努力することのたとえ。 達磨(だるま)大師が、中国の嵩山(すうざん)にある少林寺に籠り、九年間も壁に向かって座禅を組み、悟りを開いたという故事から。『景徳…

老人ホーム混住が齎す(もたらす)高齢者の孤独化

近頃、世間では、高齢者の孤独死の問題で喧しい。 地域社会に入れられないために、誰一人見守る人もなく、黙って寂しく死んでゆく高齢者の問題である。 周囲の温かい見守りの必要が叫ばれる所以である。 では、多くの仲間の居そうな、老人ホームに入って、そ…

かこち顔

私は、故あって、この系列の老人ホーム施設に、20年近くも住んでいる。 その故は、この老人ホーム系列の施設へ、子どもたちによって、送り込まれたときには、私は意識を失っていたし、その後、亡くなった家内もその頃重篤な病の床に在った。 つまり、私は、…

美人の条件 (みやびの連中の我儘觀)

日本独自の古来の美人観 黒髪 ◉烏の濡れ羽色(からすのぬればいろ) 水にぬれた烏の羽のように、黒くてつやつやした色。 楚々 若い女性が、清潔で美しく見えるさま。 (同じ漢字を重ねることで、語調を整えて意味を強めた表現。) 楚楚,楚々【そそ】の例文(…

いじめ

人間僅か50年。。。(幸若舞、織田信長)。 私の僅か90年にも満たぬわが短き人生を顧みれば、「名は体を表す」とは言え、体は何も表さない。 伝説の巨人、雷電為衛門、さぞ巨大であったろうと愚考するものの、あの巨大なロシアをあのちっちゃなプーチンさん…

気が咎める(老人ホーム混住の愚)

この日本語を英語で表現してみると、Suffer from a guilty conscience(罪の意識に苦しむ)、または、feel uneasy(落ち着かない) (うえぶ=Webより) となるそうです。 英語を読むと、よくわかりますが、そこには、「罪の意識」があります。 だから、I cann…

習うより、慣れろ

最近、少し気付いたことがある。 歩いている途中で、「腰」が痛くなり、長時間、長距離の歩行ができない。 そのことに以前から、気付いていたので、高額のスポーツマン用の「腰ベルト」買って使用して来た。 ところが、最近、この腰ベルトを使用しなくても、…