鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと

2017-08-21から1日間の記事一覧

ネーミングの不思議(続)

老人ホームの名付け(ネーミング)に、メッチャやタラにフランス語は多いことは、先に指摘しました。 ところが、いわゆる「高齢者向けマンシオン」の宣伝には、英語が極めて多いのです。 もっとも、「高齢者向けマンシオン」を謳っていても、対象とする相手…

ネーミング(名付け)の不思議 (頭隠して、尻隠さず:和・英・仏・折衷)

ある調査に依ると、日本人はフランス(語、人、国)に対して、憧れています。 その憧れは、幕末・明治以降のもので、嚆矢は幕府によるフランス式軍制の導入にあります。 その軍制の導入に引き続いて、フランスの自由・民権を唱える政治思想、それに文学、芸…