鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと

老人ホーム

コミューン

おそらく創業者の半可通(無知)によるものであろうが、この名称(コミューン)を冠する大老人ホーム群が実在する。 以下は、この老人ホーム群の一つの比較的大きな施設での食事情である。 この老人ホームの歴史は古く、此処十数年に渡って存在している。 従…

大岡越前守

私が棲む老人ホームは,丁度、江戸時代の棟割長屋のような仕組みで作られた格子の無い牢獄だ。 異なる点は、鉄筋コンクリート3階建の作りになっていることと3食付きで、店賃(たなちん)が滅法高いことだ。 到底、八っあん、熊さんの住めるところじゃない…

奇兵隊 (高齢者自助アソシエイツ:續)

長州藩、高杉晋作が創設した武士、庶民(町民、百姓、他)を糾合した奇兵隊は、薩長軍を主体とする新政府軍(官軍)の一翼を担って、260年余の年月を経て築き上げられた江戸(徳川)幕府の武装、兵力の両面で勝る会津、桑名藩兵主体の幕府連合軍を、京都の鳥…

高齢者自助アソシエイツ(仮称)

新しい高齢者処遇の制度として、旧態歴然のいわゆる「老人ホーム」に代わる「高齢者自助アソシエイツ(仮称)」を提唱したい。 この制度は、老人処遇サービスのモールであるとも言える。 知的に衰えない(時に優れた)老人の集団が、多くの知的・身体障害を…

老人ホーム(続9)

私が、この施設(ライフコミューン)へ入居せしめられたときは意識を失っていた。 従って、正確に、いかほどの「入居金(前渡金)」を支払ったかは知らない。 当初に払う入居金の額には、オプションが在って、数千万円に及ぶ高額の入居金から、老人ホームの…

格子無き牢獄

昔、「格子無き牢獄」という題名のフランス映画があった。 女優:コリンヌ・リシユール主演の映画であった。 私が棲む老人ホームは「拘束の無い」有料介護付き老人ホームを謳っている。 車椅子に乗って生活する身体障害者はともかく、身体が健康体なら、外出…

老婆心

よく言ったものです。 老婆心、つまり「お節介焼き」。 介護付き老人ホームは、基本的傾向から言って、老婆の館です。 総じて、女の方が長生きするのですから、仕様がありません。 言い換えれば、介護付き老人ホームは、お節介の館です。 かてて加えて、介護…

持っそ飯

最近、私が棲む施設(格子無き牢獄)では、一階の食堂(ラウンジ)のテーブルのそのもの、および配置の模様替えが行われた。 横幅:差し渡し80~81cm(実測)縦約その二倍(目測)の長方形のテーブルが、二個を並べて4列に置かれ、入居者が対面して座って食…

有料老人ホーム(続8)

近頃、老人が老人を介護する、いわゆる、「老々介護」の痛ましい事件が、新聞、テレビを頻繁に賑わすようになってきた。 介護する人も、介護される人も、そのどちらもが、「介護行為」によって「拘束」される状態である。 どちらもが、介護行為によって「縛…

有料老人ホーム(続7)

拘束なき拘束付き有料老人ホーム:老人(高齢者)になると、多額の金を払って、不自由を贖う(あがなう)事がある。 有料老人ホームの入居者勧誘に「拘束のない」を謳っていることが多い。 ところが、その舌の根が濡れているのに、麗々しく、「拘束のない」…

有料老人ホーム(続6)

文化人類学的イメージ あの長大なシルクロードの近代版「一帯一路」を実現しようと唱える中国が、仮に(?)アフリカ諸国への投資の一環として、無料老人ホームをアフリカの諸国へ寄付したとして:~ 遥かアフリカ大陸の南端、喜望峰を超え東方の「黄金の国…

有料老人ホーム(続5)

私の老人ホーム生活は十数年に及びます。 その間、幾つかの老人ホームをいわば遍歴してきました。 幾つかの他の老人ホームも見聞きして来ています。 そうした長期に渡る経験の中から、気付いたことの一つは老人ホームの食事の問題です。 食事は、老人の数少…

有料老人ホーム(続4)

私が住んでいる鉄筋3階建の介護付き有料老人ホームは、おそらく大規模老人ホーム(入居者総数:80名強)だと思います。 ご他聞に漏れず、「混住」老人ホームです。 最も、車椅子に乗った身体障害者を含めて健常者は、ここ数年、増え続ける異常者に押さ気味で…

有料老人ホーム(続3)

有料老人ホームが、必然的に「混住化」することには、既に何度も言及しています。 混住は、つまり、健常者と異常者(ボケ老人、認知症患者、その他の精神異常者、など)が、一緒に住んでいることです。 この健常者と異常者との間には、当然ながら、正常な交…

老人ホームの有料化(続2)

「有料」老人ホームが、必然的に「混住」になることは、先のブログで述べました。 老人ホームに永住する人たちにとっては、特に身体障害者にとっては、外出は、文字通り、たまの楽しみです。 そこで、私が住んでいる施設においても、「外出イベント」を催し…

老人ホームの有料化(続:1)

老人ホームの有料化が、多くの問題を生むことは、先の私のブログでも紹介しました。 次に、挙げる問題もその一つです。 先に、説明したように、「有料」老人ホームは、多くの場合、健常者、異常者の「混住」になります。 混住している入居者たちが一堂に会し…

老人ホームの有料化

近年、高齢者の数が増え、それとともに老人ホームの数も増えてきています。 政府は、高齢者の加速度的増加を予想して、老人ホームの事業化、有料化を認め、幾つかの特例法を設定して、老人ホーム経営の奨励・進展を計かりました。 しかし、老人ホームの有料…

爺心に潜む女装願望?

この老人ホームには、80人異常の(違った!:以上の)老人、もちろん65歳以上が、住んでいる。 時々、仲間でカラオケをやっいる。 当然、唄う歌もも古い。 古目の爺なら、♬ 銀杏返しに、黒繻子駈けて(島倉千代子)♬ とか、 中古の爺なら♬ 独り酒場で飲む酒…

危 険 だ !

今日、1階の廊下でフエイス・ダウンで前向きに倒れそうになった。 左足の先が、「喫茶コーナー」の看板を乗せた椅子の前脚が私の左足の先に引掛ったからだ。 倒れそうに成ってそのままタタラを踏んで、前のめリに進んでっていったが、幸い左側に壁があった…

老人介護、それとも 老人虐殺?

この施設では、風呂の着替室に冷水機(?)が設置されているのを、一昨日発見した。。 「年寄りの冷や水」と昔から言っている。 年寄りは、冷水浴であろうと、冷水と飲むのであろうと、冷水は避けるべきだ、と経験的に言い習わしているのだ。 だが、年寄りと…

年寄りの冷水

昨夕、風呂場へ行って驚きました! ことは緊急を要すると思うので、このメモで、驚いた理由を書きます。 ご承知のように、昔から、「年寄りの冷水」ということを言います。 この諺の意味は、「年寄りが不相応なことをするのを窘める(たしなめる)」ところに…

巡回イン・コンビニ販売車

人口が減り、高齢化した山村へ、巡回移動販売車が来るように成った。 体が不自由になり、遠出はもちろん、近場の外出すらも不自由になった老人たちの便を計って、回ってくる巡回販売車が増えているのは良いことだと思われる。 老人ホームは、必ずしも山村に…

「思いやり」は相手の主体性を損なう

相手が赤ん坊ならいざしらず、成人には、「自分」と言う認識がある。 この自分の意識は誰にとっても、本能的なものである。 従って、誰もが、自分を失いたくないと感じている。 この意識は本能的なものであるから、容易に抜き去ることは出来ない。 親切は、…

老人ホームの食事管理のあり方

老人ホームには、何らかの理由で、家庭では面倒を見られなく成った人たちが集められています。 そうした理由としては、当人の身体の障害や精神障害、積極的意思・希望、が考えられます。 もちろん、高齢者が中心ですから、炊事、洗濯、入浴、などについての…

面壁3年

この老人ホームには、老耄の人、認知症患者が多い。 施設(3階建)では、彼等を2階へ隔離して入れているのだが、近頃は、ボケや認知証患者が多くなってきたせいか、儲けを膨らませるためか、施設では、基本的に不文律で健常者中心と決められている1階へ彼等…

有料老人ホームに於ける人間関係

人間の集団に於いては、人間関係が発生するのは必然である。 従って、老人ホームも例外ではあり得ない。 ところが、「有料」と謳う事業化された、特に、肥大化された大老人ホームでは、有料化された事業であるが故に、健常者(進んで、引退・隠居を希望する…

保証人と身元引受人

私が住む有料老人ホームでは、「拘束がない」を謳っている。 この老人ホームでは、入居者の身元引受人(後見人?)が拘束を求めなければ、その入居者は自由に外出することが出来る。 つまり、拘束が無いというわけである。 この老人ホーム・チェーンに属する…

「氏より育ち」

「氏より育ち」という。 環境条件が人間形成に大きく影響するということだ。 ランダムの動く数十個のメトロノームを暫くかししている内に、だんだんすべてのメトロノームの動きが統一化されてきて、全メトロノームが同じ動きをするようになるという報告があ…

殿、ご乱心でござる

江戸時代に生きていたわけでもなければ、この時代を直に見聞したわけでもない。 でも、昔の殿様の中にも、認知症を患った人が居たに違いない。 殿様が認知症になって、乱行を始めたら、家来、そして家族たちは、どうしただろう。 「殿、ご乱行でござる」と騒…

介護と拘束

介護と拘束は、裏腹の関係にある。 面倒見されていることを、介護と受け止めるか、拘束されていると感じるかは、面倒を見られている当人の主観的問題であって、当人が自立(律)している場合には、拘束されていると感じ易い。 その拘束にも、肉体的・物理的…

老人ホームは、混住にはなじまない

介護は、「世話焼」と同じ。 面倒見と言ってもいい。 厄介者の存在を前提として いる。 厄介者は、自立にはなじまない。 老人ホームは、介護の場所。 だから、 自立者の場所ではない。 厄介者と自立者との混住は、なじまない。 介護を売り物 にする老人ホー…

ボケても喧嘩はできる

ボケ老婆の口喧嘩:ボケても喧嘩は出来るんだ。 独りテーブルにうつ伏せになって、日柄一日中、寝ている「寝たふりをしている」老婆に、隣に座っている老婆、「貴女失礼よ。 口も利かないで、一日中、隣りに居るなんて」、伏せてる老婆 「むにゃむにや」、隣…