鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと

サプリメント

数多くのサプリメントが販売されている。 一つの会社が何種ものサプリメントを何種類かの目的のために売っていることも多い。 そのそれぞれのサプリメントの説明を聞くと、売っているサプリメントの全部を買わなければ、効果がないように思えてくる。

 

サプリメントの中には、著名学者の推奨があるものもあれば、著名大学なり、研究所なりが共同研究した結果として生まれたと弥するサプリメントもある。

宣伝には、こうした権威を借りたバイブル商法に依るものもあれば、心を動かす音楽伴奏や使用者を報告する画面(イメージ)を伴うものもある。 しかし、これらはいずれも宣伝の手段であって、本当の意味の効果を示すものではない。

 

もちろん、サプリメント使用者が欲しいのは 使用効果である。 その効果を、厳密に保証する証明が無いのが、問題である。 他方、サプリメントを売る側が欲しいのは、おそらく金(儲け)であろう。 効果の保証がないのに、金を払うのは、馬鹿げている。 その馬鹿げたことをさせようとするのが、サプリメント販売人である。

 

サプリメントを売ろうとする宣伝が、あまりにも数多いので、サプリメントを買う(選ぶ)側も迷ってしまう。 そうした迷いから救ってくれるのが、責任ある第三者に依る調査結果である。 そうした調査結果を知りたい。