鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと

本の虫(古本愛好者)への助言

誰が読んだかわからない本を手にするのは、不潔だから嫌だという潔癖漢が結構居るようだが、最近は消毒方法も進んで居るので、大手の古本屋から古本を求めても、不潔さを、それほど気にする必要はない。 小説などは、古本だと値段が安いばかりでなく、その本の良さが既に認められ世間に知れ渡っている場合には、購入の手掛りが得やすいし、手に入れ易いので、どうせ一度読んだら使い捨てなのだから、むしろ古本購入を勧めたいぐらいだ。

 

小説や随筆、エッセイであっても、ペイジが欠落(破り取られなどして)している場合や辞書などに書き込みがある場合には、読めなっかたり、不愉快だったりする。 古本だと、手に入れ難い小説、随筆、など、そして辞書類が手に容易に入るという点と値段が安いという点では良いのだが、そうして手に入れた辞書などに、書き込みが既にされていることがも多い。 元の所有者は、その本を古本取扱業者へ売る際に、自分の書き込みを消しており、古本業者の方でも買上げの際に、注意深く検査・検閲しているのが普通だが、それても、消し漏れ、検閲漏れがあって、消し漏れが残っていることが多い。 購入のさいには、良品か、不良品かを確かめ、相応の値段を支払うべきだ。

 

なお、これは、私自身も引っ掛ったことがあるので、古本を購入する人の注意を促して置きたいのだが、買い取る際には、本のカバー紙と中身が一致しているかどうかを確かめることだ。 私の場合は、上下2巻の小説だったが、上巻を読み終わって、下巻に取り掛かったら、中身が既に読んでしまった部分と同じなの気付いた。 調べてみたら、下巻のカバー紙の中身も上巻だったのである。 おそらく、元の所有者が、意図的に、あるいは知らずに(そんなことはあり得ないが)、古本取扱業者へ、上下2巻として売り渡し、業者も不注意に、上下2巻として買い取ったものだと思う。 

 

特に辞書類の場合、他人の記入ほど気になるものは無い。 古本を買い取る古本業者の方でも、売る前に(宣伝文/価格表の中に)極良、良、傷有、不良、などと示して相応の値段を示しているのが一般であるが、それでも仮に傷のある古本でも欲しい本が見つかれば、買ってしまうのが、本好きの傾向である。 傷有と承知して買った辞書でも、その辞書を引く度に前所有者の書き込みを見つけると、気持ち悪く感じるし、不愉快でもある。 その点は注意して、「傷」の少ない古本を買うべきだ。 引くたびに,毎回不快な感じを持たないように。