鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと

三矢の教え

有名な故事の一つに毛利元就長州藩藩祖)があります。 ある日、元就は、自分の三人の息子、後の毛利隆元吉川元春小早川隆景、を呼び寄せ、一本の矢を取り出し、「折ってみよ」と命じました。 三人のいづれの子も、易々とその矢をおりました。 次いで、三本の矢の束を取り出し、「折ってみよ」と命じました。 こんどは、矢が三本、束になっていますから どの子も折ることは出来ません。

 

この様に、三人が協力すれば、容易に負けることはない、というのが、元就の教えでした。 これは、昔から「三子の教訓状」としもて知られています。 しかし、この教訓は間もなく破られました。 末弟、小早川隆景には、子供生まれませんでした。 そこで、豊臣秀吉の正室の兄の子を養子に迎えました。

その子は、小早川秀秋と名乗りました。 

 

これも有名な史実ですが、関ヶ原の戦いに臨んで、小早川秀秋は、東軍(徳川家康側)へ寝返りました。 その寝返りが、豊臣秀頼側(母は違いますが彼の従兄弟の秀頼の側)の敗戦に繋がったと言われています。 さらに、直系の孫の秀元は、どっち付かず、吉川広家は、裏切り。 毛利元就の遺訓は、結局有耶無耶。 三本の矢の教えは、全然、役立たなかったのです。 ちなみに、三本の矢の故事は、後世の作り事だとも言われています。