鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと

一帯一路

「一帯一路」は、途中の未開な諸国を継ぎ接ぎ(つぎはぎ)した現代のシルクロードです。 もちろん、現代中国の責任には帰すわけには行かないのですが、現代中国は、アフリカ諸国への投資を盛んに行っているにも拘らず、中国が主唱する一帯一路は広大なアフリカ大陸を経ていないのです。 広いユーラシア大陸を横断するのみです。 マルコポーロは、アフリカ大陸の南端、喜望峰を巡りました。 もちろん、目指したのは東方の「黄金」の国、ジパング(日本:平泉の藤原氏の栄華の話をチョイ聞きしたのでしょうが)でした。 その昔、暗黒大陸とされたアフリカ大陸横断を世界最初に試みたのは、スコットランド人宣教師(探検家)のデビッド・リビングストーンでした。

 

タダ乗りは、某国(人)の得意とするところです。 ところで、タダ乗りは、発想の良し悪しによるものではなく、着眼の巧緻さによるものです。 発想には、「独創性」が感じられますが、着眼に感じられるのは、「素早しっこさ」のみです。 「素早さ」と「タダ乗り」とは繋がり易いのですが、「熟考」がなければ「発想」は生まれません。 一帯一路は、古来から繋がっていた砂漠の道を繋ぎ合わせただけものです。 そこには未踏のジャングルに潜む暗黒の道を探検し、開発し、進んで行く「求道心」も、「探求心」も感じられません。

 

昔、日本陸軍で歌われた ♬雪の進軍、氷を踏んで♬ の「気概」の底には、タダ乗りには、あり得ない悲愴で、逞しい(たくましい)大和武士の心根が潜んでいました。 「気概」は、「巧緻さ」とは異なるものです。 そこに潜むものは、純粋な心であり、情熱です。 濁り(にごり)も無ければ、作為もありません。 ひたすらな気持ちのみです。 そうしたひたすらで純粋な気持ちに、付け込んだ帝国主義は、日本国民を破滅へ導きました。

 

隣国に、そのような国民を欺く帝国主義が、仮面を被って、台頭しています。 国家破滅の悪夢は、たとえ隣国であるとは言え、再び蘇らせてはなりません。 平和運動家を長年拘束し、先進治療を受けることを阻んで、その平和運動家を無残な死に追いやった巨大な隣国の一党独裁の政治を、一帯一路によって世界に拡げさせるのは、世界の恥です。 民主主義=僭主追放(オストラシズム)を産んだ古代ギリシャの精神を蘇がえらせることが、現代もなお望まれているのです。