鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと

高齢者を食い荒らすシロアリ

シロアリにはヤマトシロアリ、イエシロアリのような下等シロアリとキノコシロアリのような沖縄以南に分布する高等シロアリがある。家屋に被害を与えるのは下等シロアリである(ウイキペディア)。 

 

日本の高齢者が持つ金を食い荒らすシロアリは下等シロアリで、専ら金を食う。 狙うのは、高齢者が備える老後の資金で、その点、やることは、オレオレ詐欺の破落戸(ごろつき)と変わりはない。 

 

身体が不自由になって、容易に外出できない高齢者に「買物代行を申し出て、一回いくらと高い代行料金を払わせて、碌でもない物を買ってくる。 それが嫌なら、「買い物同行」をと申し出て、同行時間当たりおいくらと買い物を急がせるから、結局、頼み手は欲しいものが買えない。

 

「下等シロアリは」、木造家屋などに棲みつき木材(場合によってはコンクリートプラスチック動物の死骸なども食い荒らすこともある[2])を食い荒らす害虫として忌み嫌われる(ウイキペディア)。 

 

高齢者を狙うシロアリは、金気のあるものなら、家屋敷、債券、伴侶の遺産、など、なんでも換金させて、その上で狙う。

 

シロアリにはヤマトシロアリ、イエシロアリのような下等シロアリとキノコシロアリのような沖縄以南に分布する高等シロアリがある。 家屋に被害を与えるのは下等シロアリである (ウイキペディア)。  

 

高等シロアリといえども、高齢者の財産なら、見逃すことはない。 そもそも、高齢者のため(?)の老人ホームを経営すること自体が、高齢者の財産に見当付けることに他ならない。 元々、金のない高齢者は、問題外なのである。 

 

が、自然界においてはセルロースの分解に携わる重要な働きを持つ。近年ではシ
ロアリの消化器官内の共生菌によるセルロース分解プロセスがバイオマスエタノ
ールやバイオガスの製造に役立つ事が期待され、研究が進められる(ウイキペディア) 。