鞍馬天狗

夢寐のたわごと

部下(後輩=子供)の育て方

主体性の確立した部下(人間=子供)を育てる方法(相手が読み書き可能で、分別があることを前提に)として、次のようなやり方があります。

 

  • 取るべき行動(仕事=課題)のジャンル(分野)を示す。
  • 行動を取ること(仕事=課題を進めること)を委嘱(委託)する。

 

この様に仕事(課題)を委託されると、仕事(課題)を委託された相手は、その仕事(課題)の目標を自分で設定せざるを得なくなります。 以前にも、私のブログで12回以上も言及していますが、主体性と自立性(自律生)とは違うのです。 そうして、今後に望まれる人間像は、単なる自立的(自律的)人間ではなくて、「主体性」の確立した人物です。

 

主体性の確立した人は、まず、自分の置かれている状況を暗中模索し、その上で、状況を判断して、取るべき行動の目標(方向)を定めます。 目標が設定されたら、積極的に、その目標に向かって行きます。 部下が居るときには、その部下たちを、目標へ向けて連れれて、ないし、尻押して行きます。

 

人間は、結果としての火の粉を自分が浴びる、と分っていると、仲々リスクをとろうとはしません。 結果を予知しているとは、目的を予め知っていることでもあります。 事前に目的を知るためには、殆どの場合、その目的を自分で立てていなければなりません。 自分の行動の目的を自分で設定することと、行動の目的を他から与えられることとは違うのです。

 

自分で目的を立てるとは、自分で「方向付け」をすることです。 この点での大切なポイントは、方向付けを自ら行うか、他人(例えば、上司、リーダー)に依って与えられるか の違いです。 ちなみに、リーダー(上司=親=先輩)が、部下(後輩=子供)に目標(課題)を示す場合の大事なポイントは、企業内教育でも言うことですが、Capacity Stretching Assignments(相手の能力を引き伸ばす様な仕事=課題の割当)という、いわば「極意」です。

 

では、纏めてみましょう。

  • 相手(部下、後輩、子供)に、自分の行動目標を設定するように仕向ける。
  • 相手の成長の具合を見計らいながら、成長の具合に応じて、相手のその時点の能力の程度に合わせて、相手の目線が漸く届く程度の少し高目のところに目標を設定して、その目標にむけたて仕事(課題)を遂行させる。

 

以上が、私が、このブログを通して、推奨する相手(部下、後輩、子供)育成の方法です。 なお、二番目のステップについては、故ポール・ハーシイ博士が提唱した「状況対応リーダーシップ」と言う名の技法が存在します。