鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと

来た道は、慣れた道

これからの道は、未知の道。 未知の道を突き進む者は、勇気ある者。 勇気有れば未知も開ける。 開けた道を先駆する者は、創造する。 創造は、世間と世界を導く。

 

来た道をたどる者は、振り返るのみ。 振り返るのは、慣れをたどるだけ。 慣れは作らない。 作らざるは、徒食に終わる。 徒食なれば、生の意義悟らず。

 

来た道を知るは、来た道に学んで、未知をも恐れず、先を開くため。 先を開いても、先へは急がず、ゆるりと世間と世界を導き、他に先駆する。

 

前向きは、楽しみ、振り返るは、悔やむ。 前向きは創造し、後ろ向きは、壊す。 先ある人生は、楽しみも多い。 長命を期するは、明るい楽しみを生む。 楽しみは明るく、悔みは暗い。 

 

明るい人生は、先駆する。 暗い人生は、たじろぐ。 「我往かん」の意気は、明るさから生まれる。 明るい長命は、未知をも打ち砕き、創造もする。 

 

いつか来た道を懐かしむは、懐旧の念をくすぐるが、これからの道は、驚きと喜びを齎す筈。 ♬ 前を向いて、歩こうよ ♬