鞍馬天狗

夢寐のたわごと

Publication Honesty(出版の正直さ)

外山滋比古氏の略歴を見れば分かるように、外山氏は、大変、経験の豊富な、90歳を超えて、今なお矍鑠と現役で活躍する、多産な著作、かっ幅の広い作家であり、学者であるり、私が尊敬する優れた人の一人である。 特に、著作(130タイトル以上)、および、編・共作・翻訳(併せて、約17タイトル)、中でも「いつ死んでもいい」、「思考の論理学」や「知的な老い方」、「幼児教育で。忘れてはならないこと」、「茶ばなし」と幅に広いことには、敬服する他は無い。 聞くところによると、「知的巨人」と渾名(あだな)されているらしい。 

 

しかし、これだけの巨人でも、ステップ・オーバー(Step-over:勇み足)をすることがあるようだ(もっとも、以下に述べる悪行(?)は、作者にとっては「冤罪」で、外山氏自身の発意ではなく、編集者(出版社)の方の勇み足かもしれない。 某出版社から平成26年8月に(初版!)として発行された外山氏の著作「元気の源、五体の散歩」が、全く違ったタイトル「歯切れよく生きる人」として(中味は、調味料=つまり、一つ二つの言葉)を入れ替え、加えただけで、初版(!)として、同じ出版社から出版されている。 

 

これは、著者の学問的識見に併せてintellectual honesty(知的正直さ)の理念を考え併せると、出版社(編集者)の売らんがために犯した誤り(?)に違いない。 こんなやり方で、刊行本の売れ行きを高目ようとし、この「巨人」に、濡れ衣を着せ、巨人の名誉を貶めるのは、極めて卑劣な行為である。 出版界では「版権の如何」を論ずるに喧しいが、Publication honesty (出版の正直さ)を考える心の「ゆとり」は無いのか?

 

最後に、この出版社(編集者)に、外山滋比古著「アイデアのレッスン」の終の部分にある「ヴァリエーションをつくる」をの節を、よく読むように、お勧めしたい(尤も、私見だが、この部分の著者の説明は、あまり歯切れがよくない)。 前述の二つのヴァリエーションらしい刊行物は、ヴァリエーションではなくて、99、99999.・・・・・%コピーだと思う。 「盗作」ではなくて、「盗版」なのである。 留めを刺すなら、前記の2書は、同じものを「発行年を遅らせ、タイトルを付け替えて発行(焼き直)した」いわば、紛い物のである。

 

なお、この2書の刊行に関わった編集者は、この事を承知していた気配があります。 というのは、この本の「帯」に、最初の版には、著者の年齢を「90歳にして健康診断、云々」と書いていますが、2回目の紛い物(文庫本)の帯には、「93歳」と書いています。 その通りです、3年経っています。 「人の噂も3年」と言いますから、3年経ったので「違った名前で出ています」。