鞍馬天狗

夢寐のたわごと

どっち道? (1)

  • 過ぎたるは、及ばざるが如し」

          ・・・・・・・・・・・・・(昔は、戻らない)時間

          ・・・・・・・・・(何事も、やり過ぎは駄目)諸事

 

  • 「ある老人ホームの寒い玄関先で、車椅子に載せられ家族か、タクシーか、を浮かぬ顔で待つ90歳近い老婆」。 傍に立っ若い介護ヘルパー退屈そうな顔で、老婆に向かって呟く 「間もなく、お迎えがきますよ」

               ・・・・・・・・・・・・・・・・???

               ・・・・・・・・・・・・・・・・家族?

 

  • 「う~ん、もう、ひかりはありませんなぁ」

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・医者

「でも、のぞみはありますよ」

          ・・・・・・・・・・・・・・・新幹線切符売場職員

 

 

◎ 万事に自信の無い(ある老人ホームの)新米ヘルパー(体温測定に来て)

  一度、オデコ、または脇下で体温を測り、次いで、「首を出して下さい。首で測ります!」

・・・・・・・・・・・・・どっち? オデコか、首か?         

     ハッキリしろよ。 此方にも、(武士としての)覚悟があるからな!

・・・・・・・ある老残の入居者 

 

  •  某国際的インターネット販売マーケットでショッピング 

   (買手)医者から、毎日、血圧、脈拍を記録すように勧めらている患者

   (売手)画像付きの当該機器の性能を日本語で説明……………魅力的!

          当該取機器を購入、使用説明書の説明は,中国語と英語のみ

          。。。。。。。。。。。。。。。。。。 購入者(患者)は日本人

       偉大なる中華人民共和国。。。。。。。。。。。一体何路?