鞍馬天狗

夢寐のたわごと

相撲のグローバル化

私は、相撲という「国技」には、あまり関心を持っていない。 正に、門外漢である。 その門外漢でも、相撲に関心を持たざるを得ないのは、最近の横綱に依る暴力事件の報道が、激しいからである。 テレビのどのチャネルへ回してみても、相撲事件報道である。 これでは、否応なしに、相撲に関心を引き取られてしまう。

 

報道によれば、事の始まりは、三人のモンゴル人の間の内輪喧嘩である。 話は二人のモンゴル人横綱と一人のモンゴル人力士の「先輩後輩」間の指導とも、「気合い入れ」とも、イジメともとれる争いへ展開している。

 

しかも、その中(当事者)の一人は、あたかも相撲という競技(日本国技の筈)を仕切るような発言を、日本人(観客=一般)に向けて行っている。 いや、発言に留まらず、行動でも示している。 相撲協会と言うものがあるそうだが、その相撲協会が、「相撲競技」を仕切るのが本当だと思うが、このモンゴル人の当事者が、日本国技を仕切っているように見えるのは、腑に落ちない。

 

最近、国際(インターナショナル)に代えて、グローバル(地球的)という言葉が盛んに使われるようになってきたが、これは「国別(各国の境界)」の意識から、一体化した地球の意識への「止揚(しよう)」を示しているものだと思う。 相撲の世界でも、いろいろな民族出身の力士が登場するなど、グローバル化が見られる。 これは、言うまでもなく、この競技を日本国からモンゴル国へ移すのではなくて、日本から世界へ向けて「広げて」居るのである。 

 

私は、意識を地球全体へ向けて広げることには賛成だが、意識を国から別の国へ移し替えるだけの了見の狭さには、賛成できない。 相撲競技をモンゴルの国技とすることには、反対である。