鞍馬天狗

夢寐のたわごと

足湯

 足湯とは、足だけをお湯につけてあたためる入浴方法です。 足だけしか入浴しないので、男女一緒に楽しめますし、みんなで入ると話も弾みます。 温泉などに比べて着替えなどの準備もいらず、疲れも癒えて心まであたたかくなる、魅力的な入湯法の一つです。

 

疲れているときには、ゆっくりお風呂に入ってリフレッシュするという方も多いと思います。 しかし、本当に体力がないときにお風呂に入ると、リラックス効果よりも体への負担の方が大きく、逆に疲れが増して体調を崩してしまうことがあります。  ところが、足だけをお湯につける足湯にはこういった心配がほとんどありません。 本当に疲れているときでも体に負担をかけず、心身の疲れだけを優しく取り除いてくれる、それが足湯のいちばんの魅力です!。

(Web 辞書)

 

 

でも、足湯の支度と後始末が案外、大変なのです。 盥(たらい)か、バケツと湯があれば簡単にできるように思えますが、個人が家庭てやるとなると、そうでもないんじゃないですか? 例えば、

  • 盥へどれくらい、お湯をいれますか? 踝(くるぶし)まで? ふくらはぎ? 膝(ひざ)?
  • 使った大量の湯を、どこへ捨てますか?  下宿住まいの独り住まいの人や独身独居の人の場合、水の捨て場所に困るんじゃないですか?
  • 1日に何回やるのが、効果的ですか?

毎回・毎日、これをやるとなると、うんざりするでしようし,難しいんじゃないですか?

商売で、不特定多数の客を相手に足湯屋をやるなら、比較的大掛かりな準備もできる(する)でしょうが、個人が家庭で、やるとなると、大変です。

都市の一定地域と言った比較的大きな単位では、そうした簡便な足湯があります。 例えば、鎌倉の小町、東京の地下鉄メトロA5出入り口、東京の御茶ノ水、有楽町(交通会館)、アクアラインの海ホタル、など、にあります。

 

ところが、これ等の街の足湯には、肝心の「簡単便利」という点で問題があります。 一見、簡便そうに思える足湯も簡便じゃないのです。 気軽に、会社からの疲れて帰る帰宅途中とかに立ち寄るには、一寸不便な場所に、それも、昔の銭湯のように、近くのあちらこちらではなくて、比較的不便なところに、疎ら(まばら)にがあるだけなのです。 

 

そこで提案です。 地域社会(例えば、町内会、etc.)の単位でなら、足湯場を比較的大掛かりな設備を作っても、無駄にはならず、利用者にも喜ばれると思います。 老人ホームと言った単位ででも、良いでしょう。

 

老人ホームでなら、大量の湯を沸かす必要もなく、何人もの複数の老人が男女の区別なく、たの楽しく語らいながら、足湯で、健康を促進することもできます。 衛生? 水虫? そんな問題をもちだすのは、もともと、この考えに反対だからじゃないんですか? 衛生問題は、医者、ナースに聞いて下さい。 消毒剤か何かを、湯に入れておけば問題はない筈ですよ。

 

このブログは、鉄道大臣にとっては、二回目の提案です。 良いアイデアで、しかも実行あるのみだと思うので、再提案する次第です。 とくに、老人ホーム管理者の皆さん、わずかの投資で、入居者(老人)そして、彼らの背後にいる家族たちが喜びますよ。