鞍馬天狗

夢寐のたわごと

施す(ほどこす)快感

他人に施すことは、優越感を与える。 その優越感だけで十分な報酬になっている。 それ以上の報酬を求むべきでは無い。 施すことは、快感を購っているのである。

 

慈善と言うが、いつくしむ(慈善の)心は、自らの美しさに酔った心である。

自己陶酔であり、自己満足である。 他者に誇るべきではない。

 

慈善団体は、集団的陶酔の仲間同士である。 仏は、集団ではない。 仏は孤独である。 陶酔は、仮に仏に陶酔の心があるなら、仏ではない。 慈善は、密かに行なう自善である。