鞍馬天狗

夢寐のたわごと

歴史学は、前へ進むため

「温故知新」。 故き(ふるき)を探って、新しきを求む。 懐旧のみでは、将来は探れない。 我々の将来は、昔に映っている。 前轍を踏むなかれ。

注1:おんこちしん(温故知新)【意味】温故知新とは、歴史・思想・古典など昔のことをよく調べ研究し、そこから新しい知識や見解を得ること。 出典は、『論語(為政篇)』。

注2:ぜんてつ(前×轍)   

1. 前に通った車のわだち。 

2. 前の人の失敗。 

出典:デジタル大辞泉(小学館)

一般になされる誤解は、「歴史学」が、昔のことを学ぶ学問とされること。 そ

うではなくて、正しくは、「歴史学」とは、来るべき将来に備える学問である。