鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと

おじさん(叔父さん/伯父さん)

私は、9人兄弟姉妹の末っ子である。 現在、90歳近くの年になっている。

従って、私には、甥や姪が何人もいる。 彼等の中には、私の年齢に近く成っている者も、何人か居る。 幸い、私より、年上の甥や姪は居ない。

 

彼等は、一様に、私のことを「おじさん」と呼び掛ける。 擽った(くすぐ)いね。 「おい、俺のことをおじさんと呼ぶな。 せめて、俺のファースト・ネームにさんを付けて呼ぶようにしろよ!」。 「それでも、おじさんは、おじさんでしょ」。 「そんなことは、分かってる。でも、嫌なんだよ」。

 

これじゃ、両親を呪いたくなるね。 なんで、9人も子供を作った。 俺を、おしまいにするなんて、酷だよ。 せめて、上の、そして上の上の、兄貴の結婚に反対ぐらいは、して欲しかったな。  

 

この辺の心情、分って貰えるかな? 末子の嘆き。