鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと

人生の発想の転換(F) (高齢者・障害者優先)

人生、100年が語られるように成ってきている。 人生観の枠組の基本が変わってきているのである。 このことは、未曾有の「社会革命」の到来を意味している。 従来は、固定された「老人観」:背を曲げ、杖を突き、トボトボと歩く老人が存在した。 このような固定観念に基づいて、行政は、次のように老人(高齢者)を定義している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人口統計における区分[編集]

各種公的機関が行う人口調査では、64歳以下を「現役世代」(5歳以下を乳幼児、6~14歳を児童、15~34歳を青年、35~64歳を壮年)、65~74歳を「前期高齢者」、75歳以上を「後期高齢者」と区分している[4]

・・・・・・・・・・・・(ウイキペデイア)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

行政のやること、なすこと、見当違いや「後手、後手」の「泥縄」対策が極めて多い。 障害者もオリンピックの観戦がしたいと望んでいると思う。 この点については、高齢者も変わりはない。 ところが、競技場のバリア・フリー化ばかりに視線を当てて、肝心の競技場へ行く途上、方法については、物理的にも、心理的にも、充分な配慮が払われていない。

 

公共機関の電車、路線バスなどに名ばかりの「優先席」が設けられているが、車両の優先席のある場所まで、物理的に行き着けない。 電車の乗口、優先席、そのものが、若者、壮年者、荷物(キャリーバッグ、など)で占拠されていることが多い。 「高齢者・障害者、優先乗車口」でも、設けない限り、電車に乗れないばかりか、途中で遮られてオリンピック会場へまでも行き着けない。

 

高齢者も一種の障害者である。 知力については、「年の功」を経た古狸も居るだろうが、その点については、身体障害者も同じである。 知力優れた高齢者、障害者がいることは、誰もが知っていることである。 おしなべて、高齢者も、障害者も同じなのである。 男女平等を叫ぶなら、「高障若平等」を叫びたいぐらいである。 その平等の壁があるにも拘らず、公共交通機関の電車の場合には、「女性専用車(両)」が設けられていることが多い。 他方、「高障者専用車」はない。 「障害者専用の車両」もない。 女性の数が、「専用車」を正当化するほどに多いことは認めよう。 しかし、高齢者の数も増えている。 障害者の数を合わせれば、「高齢者・障害者専用車両」を考えるべき時期が来ていると言えよう。

 

高齢者・障害者専用バス」とまでは行かなくとも、「高障者専用車両」の設置が必要になって来ている、のではないだろうか? 「女性専用車」に、高齢者、弱者の乗車も認められている? この言い訳は、実情を考えていない。 まず、物理的に「乗車口」そのものが混雑する。 とくに通勤時間帯に、(男女の別のない)若者、壮年者によって塞がれていることが多い、 第二に、「男女別の意識が強よく残る日本人の高齢男子」には、女性専用車に乗ること自体に、心理的抵抗がある。 

 

パラリンピックも行われる。 外国人にも、高齢者、障害者は多い筈である。遥か異国で、おそらくはテレビを通じ自国のオリンピック選手にエールを送り応援する外国の障害者も多いことだろう。 彼等を勧誘して、彼等が安心して競技場を訪れ、「直接に競技が見られる」よう手をさし伸べているのだろうが、仮に彼等が苦労して日本の空港へ到着したとしても。。。。。 

 

それから先に物理的、人間(理)的障害があって、日本国内の行き来に自由が効かない、と言うのでは、折角「来て貰った」意味がない。 外国人、高齢者、障害者が、交通上「押し退けられる」こと無くスムースに動けるようにしてやる気使いが、「おもてなし」の心が欲しい。

 

日本へ外国人を招請したいのなら、そして、「おもてなし」の心を言うのなら、国情に通じない外国人、日本語の判らない外国人に、安全・安心に、日本国内を巡れるようにしてやるためには、それ相応の便宜を図ってやるべきである。

 

キメ細かい配慮と心使いが日本文化の誇る「美徳」の一つである。 「敬老」、「弱者保護」、「おもてなし」を口で語るのは、容易である。 しかし、「実」が伴はなければ、本当のそれではない。