鞍馬天狗

夢寐のたわごと

お駄賃

Stretch your imagination!(想像の羽根を伸ばせ!) 自分が10歳前の幼児であった頃の心へ戻ろう。 母親にエランド(Errand=お使い)を頼まれて、近所の雑貨店へ走り、頼まれた品物を、無事に買って帰った時の「達成感!」。 うおぅ!  そして、お駄賃が貰えた。 お駄賃は、達成の証だ。 自分、独りでやれたぞ。 それを母に認めて貰えた! 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

注;「講釈師見て来たようなウソを言う」: 昔の話、他所の話は、たいていの場合、書き手は、描かれている現場に、自身が居た(存在した)訳ではありませんから、話を作っています。 物書(ものかき)や作家、ブログの書き手は、全て「講談師」の仲間の嘘つきです。(鉄道大臣)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

日本には、昔から「お駄賃」という美しい慣習があった。 呉れるのは、隣のおばさんでも良かった。 母ならモット良かった。 兎に角、お駄賃が貰えた。 おまけに、駄菓子屋と言うお駄賃が使えるシヨッピングの場所(駄菓子屋)まで、近所にあった。

 

近頃は、隣のおばさんは居なく成った。 一階上のおばはんはいるが、疎遠だ。 近所の駄菓子屋が、無くなった。 温かい手の駄菓子屋のお婆さんも居なくなった。 でも、コンビニがある。 ゲー・センもある。 しかし、幼児の手は届かない。

 

今は、お駄賃も、ご祝儀も、心付けも、寸志も、何もない。 世は、若返っている。 幼児は忘れられている。 老人も忘れられている。 人生の両端がないがしろで、中程が満タンだ。 心付け(心使い)を忘れた若者で、満タン。

 

近頃は、「土産」も無くなっている。 土産を持って、錦を飾って帰る故郷も、無くなっている。 故郷は近くなったが、「香り」は無くなった。 春は相変わらず爛漫として来るが、心は暗い。 家族も居なくなった。 ひとりひとりが、別々に棲んでいる。

 

寒い。 心の中を、からっ風が吹き通っている。 団欒が無い。 コタツも無い。 家族が語らう家もない。 新しい時代が、直ぐ傍へ迫っている。 

 

心付け、ご祝儀、貰って嬉しい。 細かい気配り。 嬉しいのは、大人、子供に関係がない。 貰う物の上物、下物に関係はない。 だから。「寸」志という。

 

土産の習慣は、西洋にはない。 親でも、子供が持ち帰る土産が嬉しい。