鞍馬天狗

夢寐のたわごと

固定観念(思い込み)

 

固定観念」は、いろいろな弊害を生む。 似たような言葉で「思い込み」も、誤解を生みやすい。 この2つの言葉は、殆どおなじ意味に使われることもあるので、今一度、意味を確認して、今後の使い方を正していきたい。 

固定観念

固定観念(こていかんねん)は、固着観念(こちゃくかんねん)とも云い、心理学の用語で、が何かの考え観念を持つとき、その考えが明らかに過ちであるか、おかしい場合で、他の人が説明や説得を行っても、あるいは状況が変わって、おかしさが明らかになっても、当人がその考えを訂正することのないような観念

・・・・・・・・・・出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia

 

思い込み(おもいこみ)とは、深く信じこむこと。 また、固く心に決めること。 思い込みをする人は、ある考え方に執着し、合理的な推定の域を超えて、固く真実だと信じ、自分が正しいことを言うために、常識道徳前例先入観固定観念などを根拠にすることがある。 しかし、こうした根拠が他者と全く共有できないものである場合も珍しくなく、合理的な説得をしても信じてもらえない。

・・・・・・・・・・・・(ウイキペデイア辞書)

 

思い込みをすることが個人的な問題であることもあるが、集団的な思い込みというものもある。哲学者フランシス・ベーコンが掲げた4つのイドラは、抜きがたい錯覚偏見という意味で、思い込みの一種であろう。 思い込みは、頑固であるまたは邪推深い、猜疑心旺盛さらには精神障害などと、悪い意味で使われることが多いが、目標達成の原動力にもなる。 周囲には無理だと言われながら、スポーツ選手プロデビューを果たしたり、無謀と言われながら選挙への立候補を重ねて、ついに当選し、政治家デビューを果たすとき、往々にして思い込みが功を奏したのである。

副次注:イドラ〔偶像の意〕 F =ベーコンの用語。実在の正しい把握を妨げ、無知と偏見の原因となる要因。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上記の2つの定義を読めば明らかなように、どちらも執着の対象として、観念の種類を問ってはいない。 どのような観念であろうと、兎に角、一つの観念に「執着する」ことを「固定」と言っている。 固定される観念の具体例を挙げれば、例えば「老人」とか、「若者」がその例である。 

 

誰もが、老人は、「斯く斯く然々の特徴を持つ」と思い込んでいる。 こうした観念に先にあると、「老人らしい、老人らしからぬ」と老人を見る見方(型)が決まってくることになる。 そうなってくると、見方が先に立って、全ての老人をその型にはめ込もうとする傾向が生まれる。 型が先にできて、例外の老人を認めなく成ってしまう。

 

このことは、「若者」についても当てはまる。 中4年生の藤井さんは、中学生だから子供である。 子供が、将棋の玄人の大人と「将棋の勝負」をして勝てる筈がない。 子供は、大人と将棋を挿せば負ける。 これが「固定観念」つまり、「型」である。

 

でも、藤井さんは、続けて、何段もの相手の大人に勝負して勝ち続けた。 こうした例外は「天才」である。 天才は、「固定型」から外れる。 そこで、天才を「別格」として祭り上げる。 祭り上げれば、後の処置は簡単である。 天才は、そのままにして置き、崇めるだけで、触らなければ、良いのである。

 

世間は、普通人の集団である。 固定型から外れる人間は、滅多にいない。 幸い俺は、天才ではない。 世間は、天才を「天才」として隔離する。 天才は「型に嵌らない奴(型破りの奴)」として、みんなで、持て囃すか、それとも弾き出すかする。 斯くて、仲間外れにされる天才も、型破りの変わり者も、いずれにしても、孤独である。

 

固定した考え方に嵌められると怖い。 「なぁ、なあ」、「皆仲良く」、「波風立てるなよ」。 世間は、「呉越同舟」、「一人で騒ぐなよ」、「騒げば、船が引っくり返る」、「それじゃ、溺れる奴も出るじゃないか」、「民衆主義とは、そんなものさ」。 「民主主義」なんて、学者さんの夢物語か、嘘で固めた政治家の戯言。

   

固定観念は、コンファタブルである。 一度、固定観念を持てば、後は、それで、万事とはいえなくとも、多くの事柄が捌ける(さばける)。 固定観念で、考える努力を節約することが出来る。 しかも、誰もが固定観念はきょうゆうできるから、(簡単に)他人を説伏し、仲間、支援者も増やせる。

 

固定観念を額に入れ、長い期間に渡って、誰もが活用できるようにしたものが、故事、諺、箴言、格言である。 埃を叩けば、何度でも使うことが出来るし、便利で、説得力を備えている。 部屋の中で読んだ格言でも、外部の人を走らせることができる。 

 

固定観念は、自分が作ってものとは限らない。 他所の人、昔の人、文学者、歴史学者、科学者、だれか他の人が考え植え付けた固定居観念も、使用料を払わずに融通して貰え、使うことが出来る。