鉄道大臣のひとりごと

老人ホームで過ごしながら徒然に考えたこと

シャッ! 国賊は心の中に居た!

春高楼の花の宴

めぐる盃かげさして

千代の松が枝わけいでし

昔のひかりいまいずこ

 

♪ むかしのひかりいまいずこ ♪  30数階建ての高層マンシオンに住んでいて、♪高楼の華の宴♪が想像できるか?  春ならずとも、年中、高楼の宴ではないか! 土井晩翠も、かかる時代になろうとは、夢にも、おもわなかったであろう。

 

私は、二条城の辺り、御所から数百メートル離れたところで、生を受け育った。

大阪城、も名古屋城へも行ったことがある。 いま、小田原城から、指呼の間にある土地(電車で数十分)に住んでいる。 幸いなるかな、春、高楼の宴(うたげ)の有様も、容易に想像できる。

 

荒城の有様に常々、心を痛めている。 正に、♪ 昔のひかり、いまいずこ ♪である。 維新まで、この日本国には、数十邦(藩)あった。 国持大名はもとより、城持大名の数は、数十を下らない。 然るに、宴(うたげ)片鱗も残っていない。 華族が良いというのではない。 都道府県の、税金の余りを使って、隣国の金持ち国に売り払われる前に、かかる国(民の)宝を、隅々まで保存できないものか?

 

姫路城の雑学的な話はまだまだあるが、その中でも個人的に衝撃的だったのは姫路城が売られていたという話だ。 これは明治が到来し、廃藩置県が全国で施行された際に起きた出来事の1つで、新しい世の時代には俗世間において無用の長物として、城郭は廃棄の対象として扱われていく。莫大な維持費を伴うため、そんなものに貴重な予算を叩くことは出来ないとした考えた広まったことで、こうした動きに流されていき、その中には姫路城のも例外なく組み込まれていた。 廃棄するため、まずは城そのものをオークションにかけて競売にかけると、当時の値段で『23円50銭』で落札された。これが大体いくらなのか現代のお金で当てはめてみると、およそ『100万円』で姫路城が売り払われていたという。 なんと恐ろしい値段だ、もし現代ならあれだけの広大な土地付きで城郭を購入できるといわれたら、喜んで購入したいという人が続出するかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・(ウイキペデイア)