鞍馬天狗

夢寐のたわごと

女は弱いか?

「女は弱いもの」は、固定観念である。 いや、「固執」観念と言い換えよう。

観念が、実態を支配している。 いや、してきた。 思い過ごし、思い違いだったのである。

 

現実を直視してみよう。 女は、弱くも、強くもない。 女は女である。 女は陰湿である。 これも固定観念だ。 いや、女はこの固定観念を利用している。 女には、いろいろな特質がある。 その特質の多くは、人為的に造られたものである。 これ幸いと、女は、人為的に造られた女らしい特質を活用している。 女はヤキモチ焼きだ。 男も焼餅を焼く、ただ、これを表(顔)に出すのは「男らしくない」と、男は考えさせられている。 

 

女は文化的に造られている。 女の生理的部分をのぞいて、大部分は「文化」である。 日本の女は、日本文化の多くを代表している。 男にとって、女は、愛しい者(と思うように)男は、教えられ、訓練されている。 「孟母三遷」、そして「状況対応(Situational)思考」は、環境(文化)の威力を知らしめている。 女は弱くない。 女も強い。 強い者は、強い。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  1. 孟母三遷の故事
    • 孟子の母が、わが子の教育に環境の悪い影響が及ぶのを避けるため、墓地のそばから市場のそばへ、さらに学校のそばへと三度住居を移した故事から。・・・・・(ウイキペデイア)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~