鞍馬天狗

夢寐のたわごと

米寿の感懐

平均寿命100歳!!!  でも、生命保険加入は、85歳まで。  米寿なら、死ぬまで、10年以上はある。 何故、保険加入は、85歳止まり?  それは、殆どの連中が、85歳までで死んじゃうから(おそらく、統計的に分かっている)。 

従って、85歳以上の保険料を徴収出来る可能性は低い。 うまく考えたなぁ(この辺の詳しい理屈は、保険会社に聞いて下さい)。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

80歳以上の高齢者でも入れる死亡保険

平均寿命が長くなったとはいえ、いつかは訪れてしまうのが人の寿命というもの。 そしていつかご家族が天寿を全うされた際に起こる葬儀や各種手続きなど、お金が必要となってしまうのも避けられないことです。 悲しい上に経済的にも負担が大きくて日常生活に影響が出てしまう…そういった事態に備えられるような生命保険をご紹介いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・(ある保険会社)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

然る後、85歳より89歳までが、プラトー(平坦な台地)に差し掛かる。 89歳に至ると、眼前に90歳の崖がそそり立つのを見る。 苦心惨憺の末、この90歳の崖を攀じ(よじ)登ると、眼の前に100歳台のプラトー台平原が拡がる。

(この辺の描写は、見てきたような嘘を言う小説家紛いの夢想です)。 

 

人生、米寿にして、漸く夢を見る。 以上は、身体ままならなくなってきた、頭デッカチの我が身に幸あれかしと願う老人の儚き(?)希望です。