鞍馬天狗

夢寐のたわごと

超高齢化社会

「超高齢化社会」という妙な名前の「社会」のことを今朝のテレビ番組で話しているのを聞いた。 どんな人が、この社会のメンバーなのだろう。 もし高齢者の事を言うのなら、そのメンバーの数は限られている筈だ。 というわけは、私が承知する限り、最近は、特に芸能人を含めて、有名人が85歳までの年で亡くなっている。 もっとも、私は、テレビ、新聞、人の噂などを通じて、知るだけなのだから、コロコロ死んでいく人たちが「有名人」に限られるのも無理はないが。

だが、もう一言加えるなら、医療保険が80代でも掛けられると、大々的に広告している保険会社があるが、この保険会社も85歳以上の人には医療保険の必要はないと心得ているようだ。 つまり、そんなに長生き(?)する人は、少ないと、この保険会社は想定している。 

愚考するのに、80歳ぐらいになると、いわゆるボケが来ている人たちが多いから、「社会」を形成するだけの知力はないと思う。 もし、「超高齢化」が80歳以上の人達の「社会」を意味するのなら、この言葉は意味のない言葉だと思う。

翻って、本当に「知力溢れる」超高齢化社会が、到来するとしたら、心から、ことほぎたい。 老人は、長生きするばかりでなく、「年の功」をひけらかすだけの元気(玄気:げんき)がなくちゃいけない。 物知りは老人の徳だと思う。 もっとも、デジタルという「機械」にはかなわない。 デジタルは、若者向きで、老人の手には負えない。

老人はアナログで、昔のこと、若かりし日のこと、他所のこと、など自分には直接関係のないことをよく知っているものである。 それを誇らしげに語ることに、「生き甲斐」を感じている。 だから、「超高齢者」には、その誇れるべき過去のこと、他所の事、語らしめる喜びを与えねばならない。 それが本当の「敬老」である。

そのチャンスを老人から奪う若者は、文字通り「馬鹿者」である。 超高齢化社会は、馬鹿者社会であってはならない。 お爺ちゃん、お婆ちゃんが喜ぶ、社会で無くてはならない。 それが、老人に知力を溢れさせ、長生きさせる本当の親孝行だよ。