鉄道大臣

夢寐のたわごと

胸襟を開く

自分の胸の内を開いて相手に見せるのは、余程の信頼を相手に置くからである。 警戒する相手には、容易に自分の胸の内は明かさない。 「肝胆相照らす」というが、こうなると胸の内どころか、お互いの「肝」や「胆」まで見せ合う仲なのである。

一頃、企業内教育訓練の人間関係構築手法として「セルフ・デイスクロジャー(自己開示)」」を言い出したことがある。 これは正に、胸襟を開く手法である。 互いにどちらが先に自分の胸の内を見せるかを、オッカナビックリで睨み合い、様子を見合っていると、仲々埒が明かないし、相当の時間も掛かる。 そこで、こちらから先に、進んで自分の弱味(内臓=胸襟)を開いて見せようとするのが、「自己開示」手法である。

この手法は、得体の知れない相手に進んで、自分の腹の中を見せようというのだから、このを採るには、採る側にも相当の度胸と自信、安堵感、そして日頃からの「俯仰天地に恥じざる」行状が必要である。 後ろめたい人間には、容易にできる技(業)ではない。

言うまでもなく、相互に胸襟を開くことの出来る人たちが集まる集団では、既に、良い人間関係が出来上がっている。 この事実を逆手にとって、胸襟を開き合うことで、良い人間関係を築こうとするのが、この手法であった。 この手法を言い出したのは、アメリカの企業内教育訓練家たちであったが、まもなく廃れてしまった。 今は言う人もない。 文字通り「あちら立てれば、こちらが立たない」相関する手法であった。

現代は、パーソナルな情報の開示を嫌う時代になってきた。 それも無理はない。 相手に関する情報を盗み取って、互いに「騙し合おう」とする時代である。 詐欺に利用されるかも知れない自分の情報を「公示」するのは、馬鹿を絵に描いたようである。 胸襟は、シッカリと締めておかねばならない。