鉄道大臣

夢寐のたわごと

年寄りの冷や水

いやぁ! 事務所じゃ、〇〇さんが、あの年でパソコンをやるって、感心してるんですよ。 部屋を訪れてきた中年ぐらいのナースが、そのお年でパソコンをおやりですね、と感心したような声を上げる。 ある電話での会話で、声の若さ(?)で勘違いした先方が、年…

生きることⅡ

昨晩、寝ていて考えました。 91歳になったな! 私は1月の始め頃に生まれたと登録されていますから、正真正銘の「満」91歳です。 いや、正確に言えば、私が役所へ届けた訳じゃありませんから、周囲の者から教えられた誕生日は、前年末だったそうですから、「…

高齢者の痩せ我慢

年をとっても若者に劣らない、とうそぶいたりする人、煽ったりする広告が後を絶ちません。 うそぶく人は、当然、日頃から運動や体操に励み、自分の体を鍛えているのでしょう。 広告の方は、そうした自力で身体を鍛えている人や現に健康に長生きしている人を…

生きること

生きているもの(生物)は、動きます。 逆に言えば、動くことは生きていることの「証(あかし)」です。 激しく動くことは、元気の証です。 生きているものは、呼吸します。 しかし、激しく呼吸することは、激しく動いたことの証ではあっても、必ずしも、元…

受け売り万歳

伝聞と言えば、我々人間は、生まれた時は何も知らずに、まっさらの新品の頭で生まれて来ますから、我々が持っている知識の殆どが伝聞の結果です。 伝聞とは、文字通り、伝え、聞くことです。 人間は、誰でも、伝聞と生後の体験や探索、研究、発明、発見を通…

上から目線

今朝、あるテレビ番組で、アメリカと中国の代表が、アメリカ合衆国のアラスカ州アンカレジで会議を行ったことについを報道していた。 その報道の中で、アメリカ代表が、中国政府が香港、台湾、新疆ウイグル地区、チベット、などを圧迫して民主主義を冒してい…

孤独化

孤独化を防ぐには、他の人と「共通の」趣味なり、娯楽なりを持つことが役に立ちます。 大事な点は、「共通に」に重点があるのではなくて、「趣味や娯楽」にあることです。 言い換えると、「作業する」ことに重点があるのです。 作業を共通化するには、外側か…

音と味

音と味には、似たところがある。 どちらも、一回こっきりで、消えて行く。 音には、音楽、名曲がある。 味にも、食物、美味がある。 どちらも人の心を、時に喜ばせ、時に和ませる。 音に雑音、騒音があるように、味にも、雑味、不味いがある。 どちらも、そ…

孤独化

孤独化を防ぐには、他の人と「共通の」趣味なり、娯楽なりを持つことが役に立ちます。 ここで大事な点は、「共通に」に重点があるのではなくて、「趣味や娯楽」にあることです。 言い換えると、「作業を行わせること」に重点があるのです。 作業を共通化する…

発信不足

「武士道」というタイトルの有名な本があります。 著者は、新渡戸稲造です。 新渡戸氏は、この本の序文の中で、外国人は日本文化について、基本的に(日本文化を弁護、紹介する)弁護士の立場で書いているが、彼は「被告」の立場で書くと言い、この本を英文…

理性ある動物

人間は、理性を備えた動物です。 人間は動物なので、動いて生活します。 生活とは、「生き」、「活動」することです。 活動とは無意味に動くことではなく、理性に基づいた目的を持ち(動いて)生きることです。 従って、目的もなく無意味に動くと、逆に、人…

私の年齢になると、将来は無い、 あるのは現在と思い出だけである。 独りで夜遅く考えていると、忘れた部分はともかく若い世代の皆さんとの現実認識のズレを大きく感じる。 今夜も、古い演歌を聞いていたが、現代の若者が考える「人情」と私が感じる「人情」…

人情

アメリカ映画やその他の西洋の映画(例えば、フランス、イタリア映画)などをご覧になっている方なら、西欧人の間にも、「人情」があることは、具体的にお分かりいただけると思います。 例えば、西部劇「シェーン」、「3人の名付親」、小説ならオ・ヘンリー…

親分 (リーダー)

親分(おやぶん) 1 侠客 (きょうかく) ・ばくち打ちなどの仲間で、頭 (かしら) として頂く人。「親分子分の杯を交わす」⇔子分。2 仮に親と決めて、頼りにする人。 仮親。⇔子分。 ―「伯母婿ながらそなたの―」〈浄・宵庚申〉 親分肌 親分のように頼り甲斐が…

不平等

自然は、生物に「弱肉強食」の本能を与えました。 「適者生存」という在り様(舞台)も与えてくれています。 親子同胞が相親しみ、社会(仲間)を作る本能(道義心)も与えました。 未知の巨大なものを恐れる信仰心も与えました。 人類発生から、数万年、数…

脳と体

脳と体は、一体になっているので、身体が弱ってくると、脳も弱ってくる。 だから、年を取ると(体が弱るので)、脳も弱り認知症になる。 「逆もまた真」というが、それでは「脳が健常だと、身体も健常さを保つ」といえるだろうか? 近いところでは、日野原重…

遊び仲間

麻雀にしろ、ポーカーにしろ、それらゲームの面白さもさることながら、ゲーム中に戦わす「無駄口」が楽しい。 しかし、無駄口は、誰とでも戦わせることができる訳ではなく、気心の知れた相手でないと、戦わせられない。 ゲームに気を取られて、相手を傷つけ…

教養と文化

「若き84歳の老爺」の「女が理事会に入ると話が長くなる、云々」の感想を漏らした失言の恥を二回も上塗りして、その恥ずかしい状況から、この男を「抜き」も、「指し」もならぬ状況へ追い込んだ、取り巻きの恥知らずがいる。 七重八重花は咲けども山吹のみの…

差別Ⅱ

小池百合子 橋本聖子 丸川珠代

差別

差別(さべつ)とは、特定の集団や属性に属する個人に対して、その属性を理由にして特別な扱いをする行為である。 それが優遇か冷遇かは立場によって異なるが、通常は冷遇、つまり正当な理由なく不利益を生じさせる行為に注目する。 国際連合は、「差別には…

リーダーシップ外談

今回の「オリンピック委員長後任」の候補者選びにおいても、そうですが、「あの人には、リーダーシップがある」といった評価が、いくつも聞かれます。 日本人、特に知識人、文化人と呼ばれる人たちの間で、リーダーシップを「ある、なし」の問題として受け取…

思いやり

「「思いやり予算」とかの名目で、大変な金額の金(日本国民の税金)を、アメリカ(軍?)に、献上しているようですが、これは、 無条件降伏の結果の一つですか? 「撃ちてし、止まん」の大和魂と竹やりとで武装して、物量を誇るアメリカさんと戦った日本人…

女の特性

最初にお断りしておきますが、私は、女性についての特殊な趣味のない、3人の娘と一人の息子を持つ、年を取った普通の父親です。 最近、ある社会的に大きな責任を担う人物が、「女性を差別している」と日本国内でも、世界の中でも非難され、袋叩きにあって、…

青葉の笛

古い話です。 まだ、日本には、軍国主義というものが、盛んだった頃です。 私は、小学校で習い、歌いました。 それが、「青葉の笛」でした。 この話は、多くの人、織田信長を含めて、によって語り伝えられております。 この話は、謡曲化され、「平敦盛(幸若…

他家へ嫁に行く

自分の生涯は、終わろうとしています。 子供が4人いましたが、そのうち3人は女でした。 彼等は、他家へ嫁ぎました。 私の家族は、バラバラになりました。 私は、老人ホームに一人で住んでいます。 私が死ねば、私の家族は無くなります。 女は、他家へ嫁ぎま…

高齢者

高齢者は、「過去」を語っても、繰り言になり、生産的でない。 高齢者が、「未来」を語ろうとしても、語ることはできない。 高齢者は、現在に生きるだけ。

行動科学 (リーダーシップ私論)

行動科学(こうどうかがく、英語: behavioural science)は、人間の行動を科学的に研究し、その法則性を解明しようとする学問。 心理学、社会学、人類学、精神医学などがこれに含まれる[1]。 包含する学問分野は社会科学と重なる部分が大きいが、社会科学が…

武家女流両流が文化

ばん! ばん! 粋なテンガロンハットを被ったカウボーイの姿に動悸も高く憧れたのは、日本の若者ばかりでなく、西部劇発祥の国のアメリカの青年たちも例外ではなかった筈である。 源平盛衰記、太平記も、日本人の若者の夢に、西部劇に劣らず、擽ったい。 で…

女流文化

現代を遡る約1000年前、我が国では、女性文学者、紫式部、が「源氏物語」を発表しています。 ほぼ同時代に、清少納言が、「枕草紙」を発表しています。 平安時代中期は、天皇の力が強く、日本の政治は、天皇の権力によって治められており、未だ世に武家は登…

森失言の功罪

私は、日本の文化的伝統の中に、女性を「区別する」思潮が流れていると指摘してきた。 その区別を通して、「女性らしさ」が生み出す美しさ、柔らかさ、などを強調することが、日本文化の特徴になっている、と主張してきた。 今回の「森」による失言を、失言…