鉄道大臣

夢寐のたわごと

老人ホーム

違和感

以下に述べるブログは、私自身のことについて私の「実感」です。 9人兄弟姉妹の末っ子に生まれていますから、同胞(兄弟姉妹)からは、子供の頃から「XXXちゃん」と、ファースト・ネームで呼ばれています。 その呼び方が、ごく自然に聞こえたのです。 学校へ…

老人ホームの気風

集団に漲る気風は、その集団に所属する人たちが決めます。 老人ホームも例外ではありません。 老人ホームに所属する代表的な人とは、入居者と職員です。 職員は、立場上、入居者を介護し面倒を見ます。 従って、入居者は、常時、受け身です。 面倒を見る職員…

心のケア

私は、ある老人ホームに住んでいる。 この老人ホームには、種々雑多な男女が、常時、80~90人程度住んでいる。 健常者もおれば、ボケた人、認知症患者、車椅子で生活する身体障碍者、など、そして、それらの人を介護するヘルパー、看護するナース、体育・健…

武士は食わねど、高楊枝

何度も恐縮ですが、私は、同系列の老人ホームの異なる施設を渡り歩いて、約20年になります。 どの施設でも、提供される食事の不味さには、往生しております。 よく考えてみると、有料介護付き老人ホームは、「有料」と謳うだけあって、老人ホーム経営も事業…

名を残す

「虎は死して皮を留め、人死して名を残す (後梁武将:王彦章)」。 今は、老人ホームに住んでいますが、私にも、鼻垂らし小僧の時代や占領軍のアメリカ兵に「へーイ、ボーイ」と呼ばれたり、仲間と青春の抱負を一晩中語り明かしたり、徹夜マージャンを打った…

老人の心理的、体力的持久力の限界

繰り返し申しますが、私は、常住80人から90人の老人が住んでいる老人ホームの居住者です。 私は、老人のくせに、割に馬力があります。 他の老人たちを、私を基準にして考えてはいけないということを最近知りました。 私には、いろいろな趣味がありますが、DV…

真相(しんそう)

NPOという組織があります。 営利を求めない組織です。 思い起こすと、私は、この老人ホームへ入所したときには、脳に異常があって訳も判らず、この有料介護付き老人ホームへ押し込められました。 私は、よほど、家族の持て余し者だったのだと思います。 それ…

生活模様Ⅰ

ある老人ホームでの出来事 私の車椅子の調子が悪い。 そこで、ある「気が利いて、間が抜けている」ヘルパーがシャシャリ出て、「XXXさん、恒例の車椅子チェックです。直しますから、しばらく、別の椅子を使っていてください」 それから、約30分後、「治りま…

憐み(あわれみ)

今までに、何度となく報告しているので、読者の皆さんは、よくご承知のはずだが、私は、中程度の大きさの介護付き有料老人ホーム(入居者常時80~90人)に、独りで住んでいる。 子供は4人いるが、全員が結婚し、独立している。 生活は、年金によってまかなっ…

仕事熱心

軍人は、戦うことを職業とした人です。 昔、日本の軍隊には、「軍人勅諭」と言うものがありました。 この軍人勅諭は、部分的に、現代の「勤め人」にも当てはまるところがあります。 軍人を「私たちは…」、「我々は…」に置き換えると、現代でも十分に通用しま…

茶飲み友達

若かった頃、特に郷里の新制高校時代は楽しかった。 談論を風発して、語り合える友が居たからである。 今は、同年齢の人たちの殆どが、亡くなっている。 この施設にも近い年齢の人たちが何人もいるが、育ち、体験、趣味、などの種類が違うので、語り合うこと…

有難迷惑

この施設に、私を含めて、自立者らしい人物が、数人いる。 私は、彼等の誰とも「反り」が合わない。 ともあれ、彼らが同じ様に感じているか、どうかは判らないが、「有難迷惑」だ、と感じることが数多くある。 元々、死んだ家内が配慮してくれ、今は子供たち…

島流し

老人ホームは、よく「姥捨て山」に例えられる。 が、人の寿命が100歳にまで延びた今日、姥捨て山よりも、「島流し」に例えることが相応しい。 佐渡が島や八丈島に流された流人には、姥捨て山に捨てられた老人とは違って、たとえ僅かでも、「ご赦免」の可能性…

老人の孤独化

老人の孤独化が問題になっている。 孤独を救うものは、端的に言って、「仲間」を与えることである。 一緒に歌を歌うなり、碁を打つなり、将棋をさすなり、ゲームをするなり、の「仲間」の存在が孤独化から救う。 老人に仲間を与えよう。 それが、老人を孤独…

認知症化

昨晩の夜勤職員から「今朝、施設内に事件があって、恒例の「体温、血圧、脈拍」測定に、定刻通り伺われませんでした。ごめんなさい」と、遅くなって、報告がありました。定刻に起こることは、私の場合、自分の行動の目安の一つになっています。 目安が無くな…

射程を延ばせ!Ⅱ

介護は、相手を労わり、救うために行う。 介護が目的ではない。 介護の目的は、介護の相手が知っている。 相手の意思に叶わない介護の為の介護は、介護人の気休めになるだけである。 ……………………………………(鉄道大臣)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~…

射程を延ばせ!

介護は、相手を労わり、救うために行う。 介護が目的ではない。 介護の目的は、介護の相手が知っている。 相手の意思に叶わない介護の為の介護は、介護人の気休めになるだけである。 …………(鉄道大臣)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~…

痛々しい

老人ホームへの入居のためには、相当の金が掛かる。 入居だけでなく、入居後の月々の支払い、他維持費にも、相当の金が掛かる。 従って、相当の金の準備が無いと、おいそれとは、老人ホームへは入居できない。 老人ホームで、安月給で働くヘルパーも年を取る…

足元を見られる

この老人ホーム、余程、土地の値段が安かったのか、「僻地」に建てられている。 周囲は一般の居住地で、最寄りの鉄道の駅までの道は険しく、老人には歩くのが無理である。 近くには路線バスの停留所はない。 元々、この地域には、路線バスは通っていないので…

ソツが無さ過ぎる

この老人、元気で動き回る。 人手不足と高齢者に職を与えるのが政府の新施策だということで、60歳過ぎた爺さんが、以前、在宅老人ヘルパーをしていた職歴を買われて、この施設のヘルパーとして雇われてきた。 さすが、むかし取った杵柄、万事ソツが無い。 こ…

料理人(りょうりにん)

ある著名な料理人は、独りでいる時には、インスタント・ラーメンで済ますことがある、と聞いたことがある。 料理は、自分を含めた誰か食べる相手を想定して作るものである。 誰も食べない料理は、普通は作らない。 出来れば、自分はともかく、食べる相手が旨…

悲しき自動販売機

この老人ホーム、通常、入居者は外出させない。 外出させると、行方も言わずに徘徊する認知症患者が多いからだ。 そういった理由もあって、施設内に飲料などを扱う自動販売機を設置しているが、一階に置かれたこの販売機、本当によく壊れる。聞くところによ…

孤独を楽しむ

私は、孤独である。 この孤独を楽しんでいる。 一般に孤独は、「侘しい」と受け止められている。 私の場合は、そうではない。 恐らく置かれた特異な状況が、「侘しくない」と感じさせるのであろう。 私は、老人ホームに久しく住んでいる。 家内と死に別れて…

頼ります

今日の朝、最寄りの駅の構内をウロウロしていたら、4人乗りの車に出会った。 ちびが4人、男女を混じえて、4人が乗っている。 よく見ると、その傍に付き添う若い女性の一人が、背中にもう一人乗せている。 四人乗りの乳母車なんて見たことが無い。 さすが、5…

格子無き牢獄

昔、「格子無き牢獄」と言うタイトルの映画が有った。 この老人ホームに住む老婆の一人が、この映画のことを覚えていて、この老人ホームは、「格子無き牢獄」だ、とコメントしていた。 つまり、この老人ホームに閉じ込められて、外出が許されないことを嘆い…

私は、味噌です (有料介護付き老人ホーム)

有料介護付き老人ホームは、「自立者、要支援、要介護、認知症患者」の入居を受け付ける。 要約すると、色々な知的レベル男女の老人の「混住」させているのである。 更に、端的に言えば、人間のなりをした「味噌と糞」とを一緒に住まわせる場所が、有料介護…

都合(つごう)

都合には、好都合と不都合の二種があります。 老人ホームの場合、人手不足は(入居者介護の)仕事を進める上では不都合で、言い訳を述べる老人ホーム側にとっては好都合です。 介護を求める肝心のときにヘルパ~が居ないのは、人手不足の為でしょうが、肝心…

Relocation Damage (リロケーショオン ダメージ)

最近「リロケーション・ダメージ」が問題になっている。 震災、特に東北大震災や福島の原発事件の後、転居を余儀なくさせられた人達の間に起こる症状(病気)らしい。 救済の方法としては、新しく移った家(土地)の近所の人達との「人間関係」の再構築が勧…

都合の裏表

ある「有料介護付き」老人ホームに住むある老人(入居者)の呟き。 都合には、好都合と不都合の二種があります。 人手不足は、手厚い介護を期待する入居者にとっては不都合ですが、施設側にとっては、有料なのにそれが提供出来ないことの言い訳を述べるには…

藥 袋

自分が、へルパー達に何をされているかが容易に理解できないボケ老人、認知症患者が多く住むある老人ホームで、ある老人が自分が医師から服用するようにと指定されている「薬」をヘルパーから、「手渡し」されている際に、藥袋に入っていた錠剤が一つ転げ出…