鉄道大臣

夢寐のたわごと

人を恋うる歌

人を恋うる歌
与謝野鉄幹


妻をめとらば才たけて 
みめ美わしく情ある 
友をえらばば書を読みて 
六分の侠気四分の熱 
恋の命をたずぬれば 
名を惜むかな男ゆえ 
友のなさけをたずぬれば 
義のあるところ火をも踏む 
汲めや美酒うたひめに 
乙女の知らぬ意気地あり 
簿記の筆とる若者に 
まことの男君を見る 
あゝわれコレッジの奇才なく 
バイロンハイネの熱なきも 
石を抱きて野にうたう 
芭蕉のさびをよろこばず 
人やわらわん業平が 
小野の山ざと雪をわけ 
夢かと泣きて歯がみせし 
むかしを慕うむら心

 

残念です。 僭越ですが、与謝野鉄幹の文才に及ばぬ事を嘆きます。  現代は、「知」に走り過ぎです。 少々なら窮屈でも、侠気
を抱いて、「流される」のも、良いのでは無いでしょうか? ここ
で、叱声あり。
「文才の問題では無い。 元の頭の問題だ」!