鉄道大臣

夢寐のたわごと

木霊(こだま) 

自然は、優しい。 山奥の自然の懐深く入って、大声でヤッホーと叫べば、律儀にヤッホーと答えてくれる。 昔、「二人は若い」と言う歌があった。

あなたと呼べば
あなたと答える
山のこだまの うれしさよ
「あなた」
「なんだい」
空は青空、二人は若い

恋人同士のような親しい間柄だと、木霊のように、律儀に響き合える。 愛し合い、互いに親しく心を許しあえるので、互いに律儀でいられる。 律儀同士だから、律儀なのである。  

律儀に響き合うと、律儀を呼び起こす。 こちらの律儀が、相手の律儀を引き出すからである。 律儀は、木霊し、律儀の連鎖を生む。 最初の木霊は、次の木霊を、次々木霊を呼んでゆく。 律儀に木霊するのが、木霊である。

最初の木霊が決め手になる。 他人の声には、律儀に木霊しよう。 
それが次の木霊を生む。 人と人との繋がりの初めだ。 

木霊は、木霊の輪を作る。  木霊する気持ちが、木霊の輪を育てる。 

音のしない(温和しい)のが木霊の輪を殺す。 お互い同士の木霊を育もう。 律儀な木霊が人間関係の基になる。 それが人間社会を支えることになる。