鉄道大臣

夢寐のたわごと

御用達専門家

今回の新型コロナ感染拡大に当たって、政府の諮問に応じた御用達専門家は、臆病で、引込み思案であった。 専門家の中には、真面目で、融通の利かない頑固な奴が多いと思うが、真面目は良いのだが、自分の研究の結果に良心的であろうと願うあまり、研究結果に余程確実だと確信が持てない限り、「うん」とは頷かない。 

そこに専門家の専門家たる意味もあるのだろうが、政治的では無い。保身のために、政治家は、物事を胡麻化し易い。 政治家には敵が多い。 年中、攻撃に曝されていると言って良い。 政治家と専門家がコンビになると、専門家は便利に使われる。 保身の為である。 

臆病な専門家は、政治家を「盾」として使う。 危急存亡の場合、政治家の「保身の狡さ」が役に立つ。彼等には、今一人、強い味方がいる。 「独りじゃない」