鉄道大臣

夢寐のたわごと

基準、規範、指針

コロナの蔓延に対して、緊急事態宣言、東京アラートと矢継ぎ早に、人々の行動の目安が発表された。 その後は、パタッと、行動の目安が消えた。 いや、消えたのは、「数字」や「色」だ。 ともあれ、コロナ騒動の当初、暫らくの間は、人々の「狼狽」を、「要請」やあからさまな「目安」の提示を通じて、指示することで、事を収めることが出来た。  

ところが、世界におけるコロナ感染の拡大につれて、日本の指導者(行政?)達も狼狽し始め、人々も基準とすべき数字も色も無くなって狼狽えている。 行政側も、事態の動きが読めなくなり、行動の基準が判らず、人々に行動の規範を示せないどころか、指示もできなったからだ。 

「基準」と言えば、その基準を与えられた側が、その基準を尊重し、自発的に行動することが期待されている。 それに対して「規範」と言えば、規範を守る側の自発的遵守を期待する気持ちと共に、規範を示す側の規範を守らせようとするアクの強さ(色目=身勝手さ)が、その裏に窺われる。 

ところが、「指針(指揮)」は違う。 指針(指揮)には、その背後に、指示する側の断固たる確信と「強制」の姿勢がハッキリと見える。日本人の場合、他人の意思を尊重し、忖度する傾向が強いので、基準提示、さらには、規範提示で、事が足り事も多い。 言い換えれば、「指揮・命令」ではなくて、「要請」で事足りることが多い、と言うことである。 日本のコロナ感染の広がりが小さいからと言って、行政(政府指導者)が、誇れるものでもない。 

元々、日本人の中に「埋め込まれた」文化的特質が、自然に作用して、「要請」だけで、日本人の自浄作用が機能しただけだ。といって、この日本人の特質に甘えては、いけない。 日本人だって、ストレスを爆発させることすらある。 その昔、戦国時代に、「一向一揆」が日本の各地で起こり、庶民が北陸の大名、富樫正親を滅ぼしたように、現行為政に反旗を翻す事もあり得るのだ。