鉄道大臣

夢寐のたわごと

献身(けんしん)

サービス(英語:service
誰かのために何かを行うこと、他者助けになること。 無形の財や価値あるいは労役などを提供すること。 奉仕。 用役。 尽力。 提供。

ウイキペディア

「献身的サービス」など、と言います。  まるで、「献身的でない」サービスが、あるかのようです。 在ります。 代償目当てのサービスです。 「仕事ですから!」といってやって呉れる相手のサービスは、代償目当ての用役です。 これでは、心配りが十分に行き届きません。 献身とは、身を捧げることです。 自分の為に行うサービスは、献身的とは言えません。 「代償」は、自分の為です。 

この場合、仕事(義務)と奉仕の区別がハッキリしていません。 日本語は曖昧な言葉です。 二重、三重の意味を持った言葉も少なくありません。 その点を利用した責任逃れや責任の擦り付けが良く行われます。 多くの場合、日本語の曖昧さは、意識されていません。 日本人は、無意識に、知らず知らずか、及び腰の心の態度(姿勢)の所為かで、曖昧語を使ってしまうのです。  

介護職員さん、「仕事です!」という自分の心をよく考えてごらんなさい。 自分の為か、相手の為か、相手のしたいようにしてあげるのが、奉仕なのです。 繰り返します。 「献身とは」自分の身を捧げることです。