鉄道大臣

夢寐のたわごと

守破離

守破離(しゅはり)は、日本茶道武道などの芸道芸術における師弟関係のあり方の一つであり、それらの修業における過程を示したもの。

日本において芸事の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想で、そのプロセスを「守」「破」「離」の3段階で表している。

もとは千利休の訓をまとめた『利休道歌』にある、「規矩作法 り尽くしてるともるるとても本を忘るな」を引用したものとされている。

修業に際して、まずは師匠から教わったを徹底的に「守る」ところから修業が始まる。

師匠の教えに従って修業・鍛錬を積みその型を身につけた者は、師匠の型はもちろん他流派の型なども含めそれらと自分とを照らし合わせて研究することにより、自分に合ったより良いと思われる型を模索し試すことで既存の型を「破る」ことができるようになる。

さらに鍛錬・修業を重ね、かつて教わった師匠の型と自分自身で見出した型の双方に精通しその上に立脚した個人は、自分自身とそのについてよく理解しているため既存の型に囚われることなく、言わば型から「離れ」て自在となることができる。 このようにして新たな流派が生まれるのである。

「本を忘るな」とあるとおり、教えを破り離れたとしても根源の精神を見失ってはならないということが重要であり、基本の型を会得しないままにいきなり個性や独創性を求めるのはいわゆる「形無し」である。 無着成恭は「型がある人間が型を破ると『型破り』、型がない人間が型を破ったら『形無し』」と語っており、これは十八代目中村勘三郎座右の銘「型があるから型破り、型が無ければ形無し」としても知られる。

ウイキペディア

上記は、芸事習得の「プロセス」に着眼した千利休の教えですが、私流に解釈すれば、「修行は、形から入って、まずその形(基本ルール)を身に付け、その形を十分に習得した上で、他のルールを覚えたり、自己流を考え出したりしても、基本を離れてはならない」ということだと思います。 

形から入ると言っても、形へ入る際の、そして形へ入ってからの形の内容、ないし中身にも配慮しなければなりません。 物事は、形ばかりではいからです。 利休さんは、形を整え、彼が勧めるプロセスを辿れば、「茶の心」が自然に湧いてくるかのように説明していますが、芸事はともかく、命を懸けた剣術などでは、それでは不十分ではないかとも思います。 

禅では、瞑想による「自覚」、ないし「自得」を試みます。 山伏は、滝行などの難行を通して、悟りを勝ち取ろうとします。 形から入って、心(体)を得る、とでも言いましょうか。 武士は、何も増して、覚悟(心)が大切だと考えます(武道初心集:大道寺有山)。 覚悟は、形以上のもので、形を支えるものです。 命を懸けた日々を送る剣士(武士)は常住坐臥、常に、覚悟決めて腹を据えていなければ、いつ起こるとも知れない一触即発の事態に堪えられるものではありません。 

他方、茶を嗜む利休さんからは、心のゆとりを感じます。 ゆったりとした他業をも許す学習のプロセスを通して、形から茶の心へ進むのです。 守破離のような、どちらかと言えば易行と思えるプロセスを辿るにしても、「瞑想」、「滝行」等の難行を通して「自得」や「悟り」を得る道を選ぶにしても、いずれにしても、形は、「体」に支えられねばなりません。 これは芸事のみならず、剣道、茶道、書道、リーダーシップ、など全ての「道」に当てはまることだ思います。 

利休さんは、守破離を説くことによって、茶道習得の方法のみならず、茶道の奥義そのものの獲得を説いていました。 私は、守破離が両用の効果をもたらすものだと思っています。 つまり、何事にまれ、守破離を守ることによって、物事の奥義を知り、獲得できると感じているのです。