鉄道大臣

夢寐のたわごと

死んで、花実が咲くものか

この標題の言葉は、最初、日本書紀に現れています。 江戸時代の浄瑠璃にも、頻繁使われる表現です。 経済活動か、コロナ感染か、は、別の私のブログでも述べたように、この表現を「コロナに感染して、死んでしまえば、経済活動もあるものか」、と移し代えることが出来ます。 

活動は、人間の働きです。 人間が居なければ、活動は無いのです。 それこそ、「命あっての、物の種」でしょう。 経済活動とコロナ感染とを秤にかけること自体が間違っているのです。 経済活動に、しがみつくのは、政治家のエゴです。 国民は、生存を望んでいるのです。