鉄道大臣

夢寐のたわごと

幸せな日本人

皆さん、地球上の「緯度」というものを考えたことがありますか?

地球を横切りする(「輪切り)にする目盛が緯度」、縦に切る(西瓜切りにする)目盛が「経度」です。 通常、赤道を境にして、北半分を「北緯」、南半分を「南緯」で測りますが、誰もが憧れる世界の大都市の殆どが、北半球、つまり「北緯」で位置付けられます。 北緯の場合、数字が大きいほど、北極に近く、気候(気温)が寒くなります。 

ニュヨークは、北緯40度辺りに、シカゴは41度付近に、ローマは41度、パリは48度付近。 これらの都市は、北海道の札幌(42~43度)と殆ど同じ「緯度」にあります。 だから、冬は、大変寒いのです。 西欧のホームレスは、このような寒い土地で、テントを張って住んだり、キャンピング・カーの中に住んだりしています。  

日本の東京や横浜のホームレスの人達は、仮に住居を持たないにしても35度付近の比較的暖かい土地に、住んでいるだけ恵まれていると言えます。 だからと言って、ホームレスの生活が、特に楽しく、幸せだから、羨むという訳ではありませんが、「欧米のホームレス」の人々と比べれば、相対的に緯度の低い日本列島(東京や横浜:35度、大阪:33度、広島:34度、鹿児島:31度) に住む日本のホームレスは、おそらく、幸せだろうということです。 

極寒の国々では、一般の人々の生活も大変です。 映画や写真で、幸せそうに海浜のビーチや山の別荘地で、休暇を楽しむ西欧人達の生活を見ると羨ましいと思うでしょうが、春、夏、秋、冬の比較的温暖な四季に恵まれた日本の方が、多くの人が遥かに楽しく感じて然るべきなのです。  

日本列島の緯度、気候は、欧州の地中海気候に比べることができます。 地中海気候は西洋人の羨む気候で、多くの国の西欧人が、この辺りをリゾートだと考えています(ギリシャアテネは37度、スペインのマドリッド:40度)。 

他所(欧米、オーストラリア、南米諸国、アフリカ)をみて、羨ましがったり、誇らし気に感じたりするのは、日本人の「島国根性」を剥き出しにしたもので、「世間知らず」なのです。  これからは、諸外国(人)との交流が、激しくなります。 ニューヨーク、やパリ、に憧れるのは、自然の気持ちでしょうが、今少しは、世間を知るべきです。 さらに、見るべきは、「我が足元であり、我が振りです」。

フランスのトゥーロン付近からイタリアのラ・スペーツィア付近までの地中海沿岸地方の名称。 19世紀からリゾート地として著名。 もとはイタリア側のサンレーモインペリア県)周辺の海岸を指したが、のちにその範囲が拡大された。

ウイキペディア