鉄道大臣

夢寐のたわごと

軍師

現代の軍隊には軍師などという「職位」はないが、それ代わるものとして、「参謀」職がある。 参謀は、総司令官の「副官」的存在で、立場としては、一種のヘルパーである。 女房役と言っても良い。

軍師(ぐんし)は、中で、軍を指揮する君主将軍戦略・指揮を助ける職務を務める者のことである。 このような職務を務める者は東アジアにおいては古代から軍中にみられたが、ヨーロッパでは近代的な軍制において参謀制度が確立するまで制度としては存在しなかった。  知将、策士などとも言われる。 西晋では景帝・司馬師の諱を避けて「軍司」と改称された。

軍師は、西欧の軍制度における参謀などと異なり、軍司令官的な存在とも対等、ないしやや上位の関係にあり、賓客(要人)、顧問的な立場であった。 時として君主の師匠扱いもされ、君主より上位の存在の場合すらあった。

しかしながらこうした軍師像は、師匠は弟子よりも上位とする儒教道徳的な考え方、実際に軍司令官的存在に対し、上位の立場で軍事にのみ助言する軍師という存在は『三国志演義』・『水滸伝』、あるいは日本の戦国時代を基に作られた軍記物などの創作フィクション)の世界によって創作された部分が大きい。 軍師の代表例とも言える諸葛亮諸葛孔明)であっても政治・軍事の枠を超えてのほとんどの分野に関わった人物であった。 つまり軍政両面に権限を持った人物が、軍事に専従する人物よりも上位にあった、というほうが実情に近い。

ウィキペディアWikipedia)』

不適当な比喩かも知れないが、駕籠屋に例えれば、総司令官の相方(相肩)が軍師である。 軍師の良否が作戦の成否に影響し、戦いの勝敗を決める。 戦いの勝ち負けは、将軍、大名の戦術巧否よりも、軍師の戦争の上手下手だと言える。 そういえば、そのような例が、歴史上、なくもない。 下手な洒落を使えば、軍師に恵まれない将軍は、「肩無し」なのである。 

女房役の方が、主人役よりも上ということもある。  昭和一桁の年代に、杉狂児が歌う♪うちの女房にや、髭がある♪と流す演歌があった。 この頃の世間は、そうした世情だったのだ。 いや、それどころか、世を収めるのは、男性とは限らない。 女性が、政治を仕切り、国家を統括することだってある。 つまり、女性が立役者になるわけだ。 アメリカの西部劇にも、美人女優、モーリン・オハラが主役を演じるのがある。 

武 則天(ぶ そくてん)は、中国史上唯一の女帝。 高宗皇后となり、後に唐に代わり武周朝を建てた。 諱は)。日本では則天武后(そくてんぶこう)と呼ばれることが多いが、この名称は彼女が自らの遺言により皇后の礼をもって埋葬された事実を重視した呼称である。 古来より「則天」と姓名をはっきりさせず呼ばれてきたが、現在の中国では姓を冠して「武則天」と呼ぶことが一般的になっている。

出典: ウィキペディアWikipedia

西欧でも、ジャンヌ・ダルクの例もあり、それどころか、何も歴史を探る必要もない。 戦後の英国を支配したサッチャー首相、現代の「天下(EU)」を統御しているドイツ連邦のメルケル首相(日本では、衆議院議長を務めた土井たか子女史)などが、良い例であるまいか。 女性の国会議員の割合が少ない、と嘆いて(?)いる日本人が遅れているので、嘆くべきは、そのような「時代遅れ」の日本の政治家、識者達が多いことだ、言えよう。