鉄道大臣

夢寐のたわごと

不平等

自然は、生物に「弱肉強食」の本能を与えました。 「適者生存」という在り様(舞台)も与えてくれています。 親子同胞が相親しみ、社会(仲間)を作る本能(道義心)も与えました。 未知の巨大なものを恐れる信仰心も与えました。 人類発生から、数万年、数千年たって、人類は、漸く知性(理性)を花開かせ、一部の人間に「人権の目覚め」を与えました。 

自然が人間に与えたものは、元々、不平等で差別的だったのです。

一部の人間は、「知性」によって、「自由、平等、友愛」に目覚めました。 人権は、自然が与えなかったものを、人為的に「克ち取った」のです。 それを謳歌する権利は、「克ち取った」人々にのみ許されます。 彼らは、「友愛」と叫び、その一部を分かち与えようとしますが、「易々」と受け取るべきではありません。 あなたも、克ち取るべきなのです。 さもないと、「人権」の価値がなくなります。