鉄道大臣

夢寐のたわごと

生きること

生きているもの(生物)は、動きます。 逆に言えば、動くことは生きていることの「証(あかし)」です。 

激しく動くことは、元気の証です。 生きているものは、呼吸します。 しかし、激しく呼吸することは、激しく動いたことの証ではあっても、必ずしも、元気の証ではありません。  

動くことは、何かをしていることです。 何かをすると、生きていることの励みになります。 作業は、人間の活性を目覚めさせ、引き出します。 無為は、死んでいるも同然です。 生きる為には、作業に励むことが役立ちます。