鉄道大臣

夢寐のたわごと

リーダーシップ展望・第三部

リーダーが持つ価値観

リーダーの価値観は、色々な背景から形成されますが、その形成には何らかの根拠があります。 周囲(親の教え、所属集団:例えば、国家、宗教団体、軍隊、故郷、仲間、など)が課す規範、独自の見解が、当人に特有の価値観を形成させ、その価値観がリーダー

の言動を定めます。 

*****************************************************

価値観の多様性と分布、変化

人々の抱いている価値観は多様である。 ただし、多様ではあっても、統計的にまったくランダムに分布しているというわけではなくて、国や地域や文化圏ごとに、何らかの傾向がある。

 

同一地域でも、時代とともに価値観は変遷してゆく例は多い。 変化が速い地域では、親子で価値観が大きく異なるということもある。

 

価値観の形成とその表れ

価値観の形成は様々に行われる。 から教えられることもある。 書物を読むことで吸収することもある。 組織共同体に属することによって継承されることもある。また、個人的な体験をきっかけにしたり、思索の積み重ねによって、独自に新たな価値観が構築されることもある。

 

ある人が抱く価値観は、その人の具体的な行動となり、「ライフスタイル」や「生き方」などになって現れることは多い。

ウイキペディア

*****************************************************

他方、従う人たちは、リーダーが掲げる旗印に同感し、その旗印こそ、自分たちが望む目標を実現するものだと考えて、従い、支援するのです。 従って、支援されるリーダーは、逆に、支持者の願望(民意)を、正しく反映した為政なり、活動なりを行わねばなりません。

 

このことは、従う人たちの方で、掲げられた旗印(目標)を選んでいるとも言えます。 端的に言えば、リーダーではなくて、従う人達が、目標を設定するのです。 先に、リーダーシップ論が、洋の東西に関わらず「人物論」に流れ易いとを述べました。 それは

リーダーの掲げる旗印が、広く従う人々の共感を呼ぶものであることが多いからです。

 

英雄、豪傑として名を後世に残す人は、その人が生きている時点や

時代の多くの人々の心を揺さぶるに足る「価値」を人々の目標として掲げたのです。 その価値は、人々の「毎日の生活」に関わるものであったり、「心の癒し」や「救い」に関わるものであったりしましたが、とにかく、「人々自体」に関わるものでした。 

 

というのも、本来、リーダーシップが、人々を「リードする」概念だからだと思います。 だが、人々が、いつも、そして、誰でも、聡明とは限りません。 おまけに、生来、自然によって、仲間同士の社会(共同体)を意識させ、個体としての「自分」の意識させ(自覚)、生物としての「(生存)欲」をも与えられています。

 

自分、そして自分の仲間(共同体)を、他の人なり、他の共同体(社会)なりとの競合に当って、付き従う人々に意味の感じられる「得られるであろう価値」 (例えば、勝利の喜び、利益、名誉・名声、得られる権力・権益、など)を掲げて、さらには、従う人々の個別的な心の安らぎ、苦悩からの救い、を掲げて人々を先導するリーダーもいます。

 

そのような「先導」を信じ、依存する人々に、旗印の確かさを成功裡に示した人物が、世俗的には、英雄、豪傑、仏教信仰に於いては、聖人などして称えられ、歴史に名を残します。 これが、いわゆるリーダーシップ論であり、人物論なのです。

 

ちなみに、P・F・ドラッカー出現後のリーダーシップ論は、西欧の啓蒙思想の影響を受ける合理主義の洗礼を受けて、目標達成の手段も合理化されて、仕事(責務=課題)としてのリーダーシップに相応わしく、技能化されます。

 

リーダーシップに於ける合理的な目標達成の手段は、課題に関連(タスク・レレバント)します。  従って、リーダーの価値観や目標設定とは異なり、リーダーシップの技能化も可能なのです。

*****************************************************

価値観の共有と共同体・組織

同じ価値観を抱く人同士では、そうでない人同士に比べて、互いの行動が理解しやすいため、接近する傾向があると考えられる。 そのようにして同じ価値観を共有する人々によって共同体が形成されることがある

 

特に宗教的な共同体においては、顕著に価値観は共有されている。 例えば、キリスト教徒の共同体、イスラム教徒の共同体、仏教徒の共同体などでは千年以上にわたり世代や時間を超えて価値観や生き様を継承し共有しつづける、とも言える。

 

企業組織において、価値観は、企業風土や従業員の具体的な行動、顧客が受け取るサービス商品のありかたにも影響し、結果として企業の存続・消滅にも影響することがある。 その企業に適していて社会的にも適切な価値観を構築し、それを従業員に提示し共有してもらう、ということは経営者リーダーの重要な仕事である、とされることも多い。

出典:ウイキペヂア

*****************************************************

(後先になりますが、「リーダーシップ展望・第二部」のブログは、次になります)

 

 リーダーシップ考察メモ