鉄道大臣

夢寐のたわごと

賢いハーフ

テレビ報道などを聞いていると、目立つ(聞き立つ?)のは、「お母さん」は、日本人です、というセリフ。 またまた、孟母三遷の故事も、恥ずかしながら、「お母さん」は偉いねぇ。 私の娘の一人も、外国人と結婚しました。 そして、賢い「孫娘」を産んだ。  大学受験では、昔の武者修行の侍のように、受ける道場(大学)の全てをバッタ、バッタとなぎ倒して行く。 「お母さん、どの大学にしよう?」 賢いねぇ! わが孫ながら、感服、感服! 

そういえば、テニスの大阪なおみは別格かも知れないが、ランナーでも、相撲取りでも、「お母さんが、日本人です」という話が極めて多い。 古来、「無視を続けて来た」の日本婦人の、どこに、そんな「賢さ」があるのか。 「婦少子の関わるところに非ず」と、歴史的に社会活動から追い出されていた日本婦人たちは、密かに「内助の功」に励んでいた、という訳か! そりゃ知らねぇよ!と、アッチ向いて「ほい!」を決めこく訳には行きませんぞ、各々方。 ことは、一大事でござるぞ。 お点前の女房殿のなせる業で御座るぞ。 お点前にも心当たりは御座ろう! お点前自身が、ハーフでなくとも、お点前の「フシダラ娘」が、夷敵の男と一緒になった結果でござるぞ! 責任をおとり召されい! 

慌て、ふためく、必要はない。 厳密には、お母さんの「手柄」ではなくて、「ハーフ」という点に、原因があるように思われる。

早い話が銀行業務えお含むビジネス一般や企業経営にも見かけられる「コンボ」効果が、現れた結果で御座る。

==================================

コンビネーション・ボーナス

戦闘中に出しているカードのうち、特定の組み合わせが3枚以上揃う事で発動する特殊なステータスアップ現象。
解りやすく言うと、ポーカーや麻雀で「役が揃った」状態。  対象となるカードの攻撃力だけが上昇するのではなく、回復力とHPの増強も行われている。

出典:ウイキペディア

==================================

各々方、ご安心、召されい。  父にも、また賢く、強い可能性がある。 母のみの手柄ではない。 貴公にも、手柄の半分が御座る。 やや、無理強いの気味があるが、旧戦事中なれど、「父が、強かったこともある!」 なに? 「強い」と「賢い」とは、違う? どっちゃも、同じやんか!(お許しあれ。 興奮すると、お国言葉が、ついつい、口に、ホトバッシリ出る)

=================================

父よあなたは強かった(ちちよあなたはつよかった)は、1939年昭和14年1月20日コロムビアレコードから発売された戦時歌謡

ウイキペディア

=================================

あの頃が懐かしい。 この歌は、今も、耳に残っている。 「勝って来るぞと、勇ましく、誓って国を出たからにゃ~」。 そう、その結果、ハーフを増やした気味もある。  家の娘は、ちゃうよ。

ともあれ、結論としては、何故、ハーフに「傑物」が多いのかは、判らん。 読者方の今後の勉励、努力に期待する。